中国での出店「減らすことは一切ない」 ファストリの柳井会長

印刷

   ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、反日デモが相次いで日中関係が悪化しているなかでも、「中国での出店を減らすことは一切ない。できれば毎年100店舗ずつつくっていく」と述べ、これまで通り中国を海外事業の柱とする戦略に変更がないことを明らかにした。2012年9月26日の記者会見で答えた。

   「今年もすでに80店舗の出店のめどがついている」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中