橋下大阪市長ウォッチ
「維新」代表選では「一般党員も1票」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は、自らが率いる政党「日本維新の会」の代表選について、

「国会議員も地方議員も、さらに言えば議員の地位を得ていない一般の党員も、みんな1票持って代表選をやることを考えている」

と、一般党員も国会議員や地方議員と同様に「1人1票」を投ずることができる規定を党規約に盛り込む意向を明らかにした。

   橋下市長は、自民党の総裁選で、地方票では過半数を獲得した石破茂氏が国会議員による決選投票で敗れたことを念頭に、

「『地方の声を聞かないのであれば、国会議員だけで決めればいいじゃないか』という声が出ている」

と指摘した。

「代表を選ぶ権限を誰が持つのか、という権力闘争」

news147976_pho01.jpg

   その上で、一般党員にも1票を持たせる狙いを

「狭い、自分たちのムラの中でリーダーを選ばせない。100~200人規模でリーダーを選ぶとなると、その中の人間関係や貸し借りで代表が選ばれてしまう」

と説明した。

   ただし、この制度には党内の議員から反発の声も出ている模様で、橋下市長は

「代表を選ぶ権限を誰が持つのか、という権力闘争」
「ゆくゆくは、首相公選制につなげていきたい」

と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中