東電病院売却 13年度以降

印刷

   東京電力は2012 年10月1日、保有する東京電力病院(東京都新宿区)を売却すると発表した。売却は13年度以降の予定で、本年度中に競争入札を実施する。

   同病院を利用できるのは東電社員やOBらに限られ、計113の病床稼働率は3割程度にとどまっていたため、国に次ぐ株主となった東京都の猪瀬直樹副知事が経営合理化の見地から6月の株主総会で売却を求めていた。

   東京電力は「今後も、これまでのコストダウンの発想を超えた厳しいコストカット、経営合理化に、グループの総力をあげて取り組んでまいります」としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中