iPS細胞から卵子をつくり、出産に成功 京大チーム

印刷

   マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から卵子をつくり、体外受精によって正常な子供を誕生させることに京都大の研究チームが初めて成功した。

   2012年10月5日付の米科学誌サイエンス電子版で発表した。このチームは昨年、iPS細胞から精子をつくって受精させ、出産したと報告しており、人間に応用できれば理論上は人工的につくった精子と卵子で子供をつくることが可能となる。

   iPS細胞とは、神経や筋肉、心筋など、体のほぼすべての部位になる能力を持った細胞で万能細胞と呼ばれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中