仏ホテルが「中国人お断り」宣言 「人種差別」批判で陳謝

印刷

   中国人観光客の海外旅行先でのマナーをめぐるフランスのホテルの対応に、中国のネット住民が怒っている。フランスの高級ファッションブランド創業者が、新たにオープンするホテルについて「中国人観光客はお断り」などと述べたためだ。

   問題の発言は後に修正されたが批判は収まらず、ホテル側は「発言は舌足らずだった」などと釈明に追われることになった。

「お客様は選びたい。例えば中国人観光客に開かれることはないだろう」

   問題となっているのは、「ザディグ・エ・ヴォルテール」(Zadig et Voltaire)の創業者、ティエリ・ギリエ氏の発言。同ブランドは、2014年にパリに高級ホテルをオープンする予定で、同氏は12年9月下旬、有名ファッション誌「ウィミンズ・ウェア・デイリー」(WWD)のインタビューで、

「新しいホテルはプライベートホテルのようなもので、誰にでもオープンなわけではない。(規模は)40部屋程度だろう。お客様は選びたい。例えば中国人観光客に開かれることはないだろう。パリには多くの需要があり、多くの人が特定のプライバシーが守られる静かな環境を望んでいる」

と発言した。中国人の騒々しさを敬遠したともとれることから、直後からネット上では批判が噴出。ギリエ氏側も批判に気づき、「中国人観光客」という表現を「たくさんのバスでやってくる観光客」に改めたが、すでに「後の祭り」だった。

   中国のポータルサイトやミニブログでは、

「明らかな人種差別だ」

という声はもちろん、

「この傲慢なブランドは、重要なマーケットを失うことになるだろう」

という声も。中には、

「私もすべての中国人も、このブランドを歓迎しない。ここで買い物するのもやめる」

と、事実上の不買運動を呼びかけるファッション関連の有名ブロガーもいた。

「私の考え方や理念を反映したものではない」と釈明

   これを受け、10月4日にギリエ氏は声明を発表し、

「伝えられている言葉は、私の考え方や理念を反映したものではない」

と釈明した上で、

「発言は明らかに舌足らずで、文脈から外れた形で、中国やフランス、その他の地域の友人を傷つけてしまったかもしれないと理解している。そのことについては非常に申し訳ない」

などと陳謝した。なお、声明によると、問題とされた発言では、

「新しいホテルが大衆向けでないことを、不適切な方法で表現した」

とも釈明している。

   フランス政府の統計によると、11年にフランスを訪れた中国人観光客は前年比23.9%増の110万人。中国人観光客が現地で消費する金額も急増していることから、ホテル側も対応を迫られたとみられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中