ソフトバンクが冬春の新製品発表 「動画配信サービス」に軸足

印刷

   ソフトバンクモバイルは2012年10月9日、12年冬~13年春商戦向けの新機種11機種を発表した。そのうち過半数の6機種が多機能携帯電話(スマートフォン、スマホ)だ。

   発表会では、エイベックスグループやレンタルビデオ大手「TSUTATA」と組んで、動画配信サービスが始まることも明らかにされた。スマホそのものよりも、スマホを利用したサービスを前面に押し出した形だ。

スマホ全6機種が「4G」「テザリング」対応

発表会にはEvery Little Thing(ELT)の2人(写真左)や、上戸彩さんら「白戸家」メンバー(同右)も姿を見せた
発表会にはEvery Little Thing(ELT)の2人(写真左)や、上戸彩さんら「白戸家」メンバー(同右)も姿を見せた

   この日発表されたスマホは、2,420mAhの大容量バッテリーを備えた「ARROWS A(エース) 201F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)や、25色のバリエーションをそろえた「PANTONE 6 200SH」(シャープ製)など。いずれも下り最大76Mbpsの速度が出るサービス「ソフトバンク4G」に対応したのが特徴。他の通信機器をネット接続できる「テザリング」機能にも、12月15日から対応する。

   発表会の目玉は、12月上旬に始まる動画配信サービス「ソフトバンク・スマートテレビ」(スマテレ)。月額基本料金490円に加えて、「TSUTAYA TV」の新作映画を含む約40,000本の中から映画などを1本100円から楽しめる。

   「スマテレ」では、専用スティックをデジタルテレビの「HDMI」と呼ばれる端子に差し込み、スマホからネットワーク経由で操作する。インターネット経由で動画がスティックを通じて配信され、スマホがリモコンの役割を果たす。

   それ以外にも、エイベックスグループが提供する映画や音楽が月490円で見放題になる「UULA」(ウーラ)も12年12月から始まる。

   孫正義社長は

「技術的なネットワークの速度とコンテンツの品ぞろえ、業界の理解という三拍子がそろって実現できた」

と、ネットワークの品質が向上したことを強調した。

「iPhone登場でメーカーのモノの見方変わった」

   例年の発表会では20機種程度が発表されるが、今回は11機種にとどまった。この点については、孫社長は

「iPhone(アイフォーン)の登場以来、世界のメーカーのものの見方が変わったということではないか。例えばサムスンをとってみても、今までは沢山の種類を色々な地域のキャリア(通信事業者)、ユーザーごとに出してきたが、品そろえをしぼってきた」

と、iPhoneの登場を境に世界的に機種数が減少していることを指摘。その上で、

「従来はハードごとに、用途によってソフトを変えないといけなかったが、スマホになってからアプリ(ソフト)で全部対応できる。セグメントごとに合わせたハードをお出しても、あんまり意味がない」

と述べ、端末の多機種化には否定的な考えを示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中