「エヴァ」制作会社は「不倫で誕生」告白 岡田斗司夫「英雄談扱いしてほしくない」

印刷

   人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られるアニメ制作会社「ガイナックス」(東京・三鷹市)の、初代社長を務めた「オタキング」こと岡田斗司夫さん(54)が、同社の「直接のスタートの原因」を自身の不倫問題だったと告白した。

   ファンからは、「最低」、「そういうやつだとは思わなかった」などと批判が噴出している。

アマチュア映像集団から「ガイナックス」へ

   「これまで書けなかったことがあってね。それが何かっていうと、ガイナックスの立ち上がりの話」――岡田さんは2012年9月27日、「ニコニコ生放送」に出演し、こう切り出した。

   ガイナックスは1984年に劇場用アニメ「王立宇宙軍 オネアミスの翼」(山賀博之監督)制作を機に設立された。これまで、その前身は、81年の「日本SF大会」をきっかけとして集い、大阪を拠点に活動していた、岡田さん以下、山賀さんや庵野秀明さん、赤井孝美さん、武田康廣さんらからなるアマチュア映像集団、とされてきた。

   岡田さんは、ガイナックスで初代社長を勤めたが、一説によると仕事をしなかったため92年に退社。その後はオタク評論家「オタキング」などとして有名になり、東大でもサブカルを教えた。肥満だったが、減量に成功、2007年にレコーディングダイエットの実践録『いつまでもデブと思うなよ』で一世を風靡した。

   一方のガイナックスは、「トップをねらえ!」、「ふしぎの海のナディア」などを製作後、1995年に「新世紀紀エヴァンゲリオン」(庵野秀明監督)の大ヒットが社会現象に。「エヴァ」の人気はいまも根強く、今年11月には「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版」の最新作「Q」(製作:カラー)の公開を控える。

   ほとんど無名だった草創期のメンバーの多くが、いまや日本の映像業界を牽引するクリエイターとして活躍。大阪に集った「オタク」が才能をぶつけ合い、一流のプロに成長した同社の物語は、岡田さんはじめ関係者の口からたびたび語られ、アニメファンの間でもちょっとした「伝説」になっている。

「ほとんど逃げていく先みたいに考えて」東京へ

   ところが今回の放送で、岡田さんが初めて明かした同社の「直接のスタートの原因」は、なんと大阪時代、運営していたSF大会での岡田さんの女性問題だと言う。

「俺ねぇ、俺あの、一緒にSF大会とかスタッフやっていた子とさぁ、あのー、付き合ってた彼女がいるというか、結婚までしてたんだけども、浮気しちまってさあ」

   この「不倫相手」の女性が他のスタッフに相談したため、スタッフ全員に知れ渡るところとなった。さらにかねてから、スタッフの要求を汲み取れなかったり、当時8ミリ特撮『帰ってきたウルトラマン』に命を懸けていた庵野さんを、進行の遅れを理由に監督から降ろしたりしたことが、岡田さんの評価を決定的に下げた。「軽蔑する」「お前となんか仕事できない」と言われ、「ほとんど全員から吊し上げられた」そうだ。

   そこで、「もう俺、これ大阪にはいられないなぁ」と思っていたところ、丁度東京へ打って出ようとしていた山賀さんに誘われ、「ほとんど逃げていく先みたいに考えて」東京へ。なんとか山賀さんの温めていた「王立宇宙軍」企画でバンダイへのプレゼンに成功して資金を引き出し、たった2人でガイナックスを設立した、というのが新たな「真相」として語られたのだ。

   才能あふれるアマチュアたちが大阪に集まり、やがて上京、日本の新しい映像の世界を切り拓くことになったという「ガイナックス伝説」の顔に泥を塗るような情けないエピソード。ファンからは「最低だ」、「そういうやつだとは思わなかった」、「斗司夫にはガッカリだよ」などと批判的なコメントが相次いだ。

   また、岡田さんには娘がいるため、父親の不倫告白を「娘さん見てるのか」などと心配する声もあった。岡田さんは「娘は10年口をきいてくれないと覚悟しながら」、不倫エピソードを明かした意図をこう説明している。

「大阪にその時いたのは、俺にしても…その最低の俺にしても、山賀にしても、庵野にしても、たぶんね、この番組を見ている君らとそんなに変わらないんだよ(中略)バンダイにプレゼンして3億円とか4億円の劇場の映画作るぞって言っても、ほんとに誰ひとり信じてくれなかったんだよな。だから、なんかねぇ、あんまり英雄談みたいに考えてほしくないっていうのはあるなー」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中