明大馬術部、無期限で活動自粛 暴行問題の発覚で

印刷

   明治大学の馬術部が、部員の暴力行為などが相次いだとして、無期限で活動を自粛することが分かった。朝日新聞が2012年10月10日報じた。

   馬術部では8月、厩舎内で1年生男子部員が上級生1人に殴られて失神したほか、2年ほど前から上級生から下級生への暴力や金銭トラブルなどが相次いでいたという。

   この問題では、大学側が7日まで1か月間の公式試合出場停止処分にした後、関東学生馬術協会がこの日付で自粛勧告を出していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中