O157食中毒の補償2億円超 浅漬け会社が破たん申請

印刷

   北海道で8人が死亡した腸管出血性大腸菌O157の集団食中毒で、感染源となった白菜の浅漬けを製造した岩井食品が2012年10月10日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、経営破たんした。

   現時点での負債総額は食中毒の被害者に対する補償だけで2億2700万円にのぼる。札幌市保健所によると、食中毒の患者は北海道外の7人を含め169人で、患者への補償額はさらに増える可能性がある。

   信用調査会社の帝国データバンクによると、経営破たんの理由は保健所から営業禁止処分を受け、受注の見通しが立たなくなったため。同社は患者や遺族への補償金の支払いを終えたあと、清算手続きに入る予定。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中