「ゴキブリ食いコンテスト」優勝男性、なぜ死んだ ヤスデやミミズも…160匹の虫を完食

印刷

   米フロリダでおこなわれた「ゴキブリ大食いコンテスト」で優勝した男性が、直後に体調の悪さを訴え死亡した。「汚い」の代名詞のような「ゴキブリ」を食べて死亡――というのが衝撃的だったのか、ネットでは死因を中心に、大きな話題になっている。

優勝商品はニシキヘビ

   エドワード・アーチボルドさん(32)は、2012年10月9日(現地時間)に米フロリダのディアフィールドビーチで開催された「ゴキブリ大食いコンテスト」に出場。ゴキブリのほか、ヤスデ、ミミズなど計約160匹の虫を食べて優勝した。賞品として750ドル相当のニシキヘビが贈られる予定だった。ところが、直後に体調不良を訴え嘔吐、病院へ搬送されたが、到着時には死亡が確認された。

   ネットでは、アーチボルドさんが生きているゴキブリを豪快に食らう姿や、口の端から吐しゃ物を垂れ流す様子を収めた動画もアップされている。かなり苦しそうな呼吸音が聞き取れる。

   アーチボルドさんは「ゴキブリの逆襲」に遭ったのだろうか。しかし、同じように虫を食べた他の参加者には異常は起きていない。死因は不明とされ、地元の警察関係者がさらに調べている最中だ。

「ゴキブリを生で食べると胃を食い破られて死ぬ」?

   「汚い」の代名詞のようなゴキブリを食べて、本当に死んでしまった――というのがかなり衝撃的だったのか、このニュースは日本のネットでもさっそく話題になった。「気持ち悪い」といった声が相次ぐ中、とりわけ注目の的となっているのが、一体なぜアーチボルドさんが死んでしまったのかだ。

「どうして死んだの? ゴキブリって なんか人体に良くないものが入ってるの?」
「えっ 胃酸で溶けないの?Gさんは」

といった感想がでて、「ゴキブリを生で食べると死ぬ」という都市伝説も複数書き込まれた。

   しかし、一般にゴキブリ自体に毒性はなく、生きたまま食べたからといってそれが直接死につながるわけではない。野生の場合はサルモネラ菌などの有毒な菌に汚染されている可能性が高く当然食用には適さないが、コンテストを主催した爬虫類ショップは「参加者の食べた虫は動物の餌として屋内で衛生的に飼育されたもの」と話しており、今回のケースでは当てはまらなさそうだ。

   米国の報道は、ヤスデの分泌する有毒な体液の影響か、あるいはゴキブリへのアレルギーが死亡の原因となった可能性があるといった専門家の見方を伝えている。

   ただ、検視には1週間かかると言われている。真相が分かるまで、詮議は続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中