橋下大阪市長ウォッチ
国政進出で与野党に挨拶周り 「虚像が実像に近づきつつある」

印刷

   「日本維新の会」代表を務める大阪市の橋下徹市長は2012年10月15日、国政政党結成後初めて、国会内で与野党に挨拶回りをした。

   最初に会談した自民党の安倍晋三総裁には、

「虚像が実像に近づきつつある。(国政進出は)決して楽ではない」

と、世論調査の支持率が下落していることを意識した発言も出た。

国会対応は「すべて松野氏に任せてある」


   安倍総裁は、

「お互い、切磋琢磨して頑張りましょう」

と応じた。

   挨拶回りには、松井一郎幹事長や松野頼久国会議員団代表も同行。また、国会議員団と、党本部との「意志決定のねじれ」を懸念する声もあることから、橋下氏は、安倍総裁に対して、

「国会対応は、すべて松野氏に任せてある」

とも説明した。

   一方維新の会との「復縁」がささやかれる、みんなの党・渡辺喜美代表は、

「我々も政党をつくった経験がありますから、ご苦労のほどは、よく分かります」

と話した。

石原慎太郎都知事と極秘会談

   民主党の安住淳幹事長代行とは、東京と大阪でビデオ会議を活用することが話題にのぼり、安住氏は、

「肝心な時は、やっぱり直接会わないといけない。国会っていうのは、毎日毎日、ものすごい量の問題を処理しないといけないから、大変だよね」

などとアドバイスしていた。

   10月13日には、都内のホテルで石原慎太郎都知事と極秘会談していたことも明らかになっている。自民・民主に続く「第三極」のあり方について議論したとみられるが、石原知事は会談内容について問われても、

「いろんな話」

と繰り返すばかりだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中