ラオス国籍のベテラン飼育員、ゾウに襲われ死亡 富士サファリパーク

印刷

   2012年10月16日3時10分頃、静岡県裾野市の「富士サファリパーク」のゾウのおりの中で、ラオス国籍の飼育員、インサボン・カムホンさん(30)がアジアゾウに襲われ死亡した。

   読売新聞の報道などによると、襲ったのは体長約3メートル、体重約2.5トンで、14日に子どもを出産したばかりの母親ゾウ。子ゾウの叫び声が聞こえたため、インサボンさんら2人が母から子を引き離そうとおりの中に入ったところ襲われた。インサボンさんは15歳からゾウの飼育経験を持つベテランで、11年7月に襲った母親ゾウとともに来日し職員に採用されたという。富士サファリパークは16日の営業について、公式サイトで「動物による事故が発生した為、休園いたします」と発表している。

   富士サファリパークでは05年10月にも、ヒグマに襲われた飼育員が死亡する事故があった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中