ラオス国籍のベテラン飼育員、ゾウに襲われ死亡 富士サファリパーク

印刷

   2012年10月16日3時10分頃、静岡県裾野市の「富士サファリパーク」のゾウのおりの中で、ラオス国籍の飼育員、インサボン・カムホンさん(30)がアジアゾウに襲われ死亡した。

   読売新聞の報道などによると、襲ったのは体長約3メートル、体重約2.5トンで、14日に子どもを出産したばかりの母親ゾウ。子ゾウの叫び声が聞こえたため、インサボンさんら2人が母から子を引き離そうとおりの中に入ったところ襲われた。インサボンさんは15歳からゾウの飼育経験を持つベテランで、11年7月に襲った母親ゾウとともに来日し職員に採用されたという。富士サファリパークは16日の営業について、公式サイトで「動物による事故が発生した為、休園いたします」と発表している。

   富士サファリパークでは05年10月にも、ヒグマに襲われた飼育員が死亡する事故があった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中