イチローの「神業」ホームイン 張本氏はなぜ「苦言」呈したのか

印刷

   米大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手が、ア・リーグのプレーオフ地区シリーズ(ALDS)で驚きのプレーを見せた。走者として本塁突入を試みた際、完全にアウトのタイミングだったにもかかわらず相手捕手のタッチを2度もかいくぐり、ホームインしたのだ。

   日米メディアはイチロー選手を絶賛したが、このプレーに苦い顔をした人物がいる。野球評論家の張本勲氏だ。

「鬼ごっこじゃない」と相手捕手をこき下ろす

「イチローのチームメートは、映画『マトリックス』から飛び出してきたニンジャのようだと口にした」
「ヤンキースのスター、相手捕手の周りをダンスしてホームイン」

   イチロー選手の走塁を、米メディアはこう評した。現地時間2012年10月8日、ヤンキースが敵地ボルチモアに乗り込んで行われたオリオールズとのALDS第2戦。初回、1塁走者のイチロー選手は味方打者が右翼に長打を放つとスピードに乗って2塁、3塁を回り本塁を目指す。だが相手も中継プレーで捕手に向けて好返球、イチロー選手は本塁手前2、3メートルで「絶体絶命」となった。

   捕手がタッチにきた。これをイチロー選手は巧みに右によけて、そのまま本塁へ走る。駆け抜けそうになりながらもベース付近で踏みとどまり、そこへ捕手が2度目のタッチを試みる。すると今度は体をくるりと1回転してかわし、倒れ込みながらも右手先でベースに触れて生還を果たしたのだ。そのまま単純に突進していれば、まず間違いなくアウトだっただろう。イチロー選手は試合後、報道陣に「どんな動きをしてもケガをすることはないという自信がある」とコメントしていた。

   10月14日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)でこのプレーの映像が流れた。「ご意見番」の張本氏は、見終わるやいなや「喝」だ。矛先はイチロー選手ではなく、相手捕手。「鬼ごっこじゃないんだから、ベースにいなきゃ。(走者を)追いかけちゃ、いけない。基本がなってない」と散々こき下ろした。イチロー選手のファインプレー、という評価はない。隣に座った野球解説者の広澤克実氏が「すばしこさはイチローらしい」と口にしてようやく、うなずいてみせた程度だった。

下位の打順やスタメン落ちに「もう辞めてもらいたい」

   チームメートさえ唸らせたイチロー選手の走塁を、張本氏がほめなかったのは不思議にも思える。張本氏は現役時代に3085安打を放ち、日本最多安打記録保持者となったが、2009年4月にイチロー選手が日米通算でこれを超えた。同氏はこの瞬間を見届けるためにわざわざ渡米して観戦している。イチロー選手の実力を認めていないわけはない。

   スポーツジャーナリストの菅谷齊氏に、テレビ番組での張本氏の発言内容を明かす前にイチロー選手の「神業ホームイン」の感想を聞いてみた。すると開口一番「捕手がお粗末」と、張本氏と全く同じ指摘をしたのだ。子どもに野球指導の経験がある菅谷氏は、「走者は必ずベースに来るのだから、小学生でもタッチプレーではベースで待つ練習をします」と説明する。確かにイチロー選手の身のこなしは鮮やかだったが、「日本のプロ野球でも、同様のプレーを見せられる選手はいるでしょう」。むしろ捕手のミスに、「大リーガーのレベルが落ちている」と厳しい。張本氏は、「イチローの能力なら、あのぐらいの走塁をして当然」と認めているからこそあえて言葉に出さなかったのだろうか。

   2人の大打者のやり取りは、時にユニークだ。2009年、張本氏の記録に並んだ日の試合前に直接激励を受けたイチロー選手は、テレビ番組の同氏の「決めゼリフ」を交えて「あっぱれ、頂きます」と茶目っけたっぷりに返した。張本氏は、自身の記録が更新されると「本心では悔しい部分はある。でも彼なら仕方ない」と納得した様子だった。

   2011年シーズン終了後、テレビ番組のインタビューでイチロー選手は「来季の目標」を問われ、張本氏の名を挙げた。1977年、当時の王貞治選手が世界新記録となる756号本塁打を放った瞬間、両手を大きく広げて笑みをたたえている王選手の後ろで高々とジャンプしていたのが、チームメートだった張本氏なのだ。「人の記録であれだけ喜べる姿勢が素晴らしい」と絶賛、その選手像に近づきたいとの思いをにじませた。

   そのイチロー選手は2012年前半、不振にあえぎ、7月にはシアトル・マリナーズからヤンキースにトレードされた。移籍後はスタメンでも下位の打順で、時にはベンチスタートとマリナーズ時代には考えられない起用法となった。これに張本氏はテレビ番組で「もう辞めてもらいたいわ」と過激な発言。もっともこれは、ヤンキースの「冷遇」に対するいら立ちと、4000本安打やその先の大リーグ安打記録超えを望む張本流の辛口エールともとれる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中