ありがた迷惑、そんな馬鹿なことは止めろ! 田中真紀子「洗濯機贈ろう」発言が物議

印刷

   ノーベル賞の山中伸弥京大教授に、閣僚から洗濯機を贈ろう――。田中真紀子文科相がこう提案したことに、疑問の声が相次いでいる。ユーモアだとしてもどうなのか、という向きが多いのだ。

   山中伸弥教授は、2012年10月8日に受賞の連絡を受けたとき、自宅でガタガタ音がする洗濯機を直している最中だったと会見で明かしていた。田中真紀子大臣の提案は、この発言を受けて行われたものだ。

全閣僚もお金を出し合うことに同意

   報道によると、田中氏は16日、閣議後の閣僚懇談会で「さぞ生活者としてお困りだろう」と話し、閣僚が1人5000円~1万円を出し合って洗濯機を贈ることを持ち出した。この提案は、野田佳彦内閣の全閣僚から同意を得たといい、この日の会見でも贈呈の意向を明らかにした。ただ、寄付が公選法に抵触する可能性があり、贈呈の仕方を検討することにしたという。

   この点について、田中氏は、「現物ではなく目録とか、ご迷惑でない時期に本人が必要なものを買われればいいなと思う」とも語った。

   贈呈の意向が報じられると、ネット上では、田中氏の発言に疑問の声が次々に上がった。

   わざわざ修理することを選んでいるかもしれないし、いまどき洗濯機を買えないことは考えにくいので、むしろ「ありがた迷惑」ではないか、との意見が多い。「人気取りだな」といった見方のほか、同意したという閣僚に対しても、「『そんな馬鹿なことは止めとけよ』といった人間はいないのか」と厳しい声が出ていた。また、iPS細胞の研究を事業仕分けの対象などにせず、山中教授が困っているという研究費をもっと出すべきだとの指摘もあった。

   もっとも、「ユーモアがあるところを見せたいだけだろ」「ただのオチャメなジョークでしょ?!」と好意的な受け止め方もあった。

「文科省としてのコメントはございません」

   実は、田中真紀子大臣の意向は、山中伸弥教授が2012年10月12日に表敬訪問したときに示されていた。そのとき、田中氏は、こう山中教授に語りかけている。

「洗濯機の修理はまだできないそうでございますから、閣僚みんなで洗濯機をプレゼントしましょうか? お祝いにということになっています」

   これに対し、山中教授は、確かにうなずいていた。ただ、苦笑いしているような表情も見せていた。

   田中氏の提案は、ありがた迷惑だったのだろうか。

   京大の広報室に取材すると、「(山中教授は)大変忙しいので、対応できかねます」とのことだった。

   ネット上の反応について、田中氏の事務所に取材すると、本人に聞かないと答えられないとしてコメントが得られなかった。

   文科省の広報室では、「大臣として閣議で発言されたことですので、文科省としてのコメントはございません」と取材に答えた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中