女子中学生の「婚約者」を家に招いた20歳の男を逮捕 これは本当に「誘拐」なのか?

印刷

   携帯電話のSNSで知り合った15歳の女子中学生に「一緒に住もう」などと誘惑し、新千歳空港から中部国際空港までの航空券を用意、自宅に連れ込んだ20歳のアルバイト店員が、誘拐事件の容疑者として北海道警察小樽署に2012年10月17日に逮捕された。

   ただしこの二人は「結婚するつもりだった」などと話していることからネットでは、これは誘拐事件などではなく、駆け落ちのような「純愛」ではないか、と騒ぎになっている。

SNS「グリー」で今月初めに2人は知り合った

   小樽署によれば、この女子中学生は「愛知に出てくれば?!自分のところに一緒に住めばいい」などと誘惑され、12年10月15日に容疑者が用意した航空券を使って名古屋に向かった。保護者から捜索届が出されたため、愛知県警がこの日の夜に容疑者の自宅を突き止めて女子中学生を保護。17日に容疑者を未成年誘拐事件で逮捕した。

   また、各紙の報道をまとめると、2人は10月初めにゲームサイト「グリー」を通じて知り合い、メールや電話で交流するうちに親しくなった。女子中学生は学校を休みがちで、このコンビニアルバイト店員の容疑者に色々な悩みを打ち明けていた。家を出て行った娘の行き先は、親が娘の友人から聞いて知ったのだという。

   容疑者は警察に対し、自分がしたことは悪いと分かっているが「結婚するつもりだった」と話し、女子中学生も「一緒に暮らしたいと思った。結婚するつもりだった」と明かしていると書いている。

「男が女子中学生の親に挨拶に行くのが先」という意見

   ネットではこのニュースに、

「誘拐ではなく普通の恋愛ではないか」

などと騒ぎになった。二人はSNSを通じて「婚約」しているわけだから、逮捕され、実名を新聞で晒された容疑者がかわいそうだとか、「駆け落ち」のようなものだから、事件として取り扱うのではなく、「厳重注意など穏やかに対処すべきだったのではないか」、といった意見が掲示板やブログに多く出ている。

   一方で、中学生では恋愛や結婚に関する知識や想像力が十分に備わっていないし、ましてや高校受験の大切な時期で、学校も休みがちだったとすれば、単なる現実からの逃避行に過ぎない。容疑者は成人だからこうした点を女子中学生に諭すべきであり、逮捕も当然だという意見もある。そして、本当に結婚を決意しているのなら

「中学生を家に呼ぶのではなく、アルバイト店員自らが中学生の家に行って親に挨拶するべき」
「本当に愛し合っているのなら、中学生が16歳になるまで待っていられるはずだ」

といった意見も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中