橋下大阪市長ウォッチ
朝日新聞記者「編集権は別」に再反論 出版は「不法団体のトンネル会社」

印刷

   大阪市の橋下徹市長の出自について暴く「週刊朝日」連載をめぐり、橋下市長が朝日新聞系列の記者からの質問を拒否している問題で、朝日新聞記者が2012年10月18日の定例会見で「(「週刊朝日」版元の朝日新聞出版は)子会社ではあるが、編集権はまったく別」などと反論した。だが、橋下市長は、両社の資本関係や人事交流を理由に、「不法団体がトンネル会社作って、何でもかんでも色んなことやるのと一緒」と反発。改めて朝日新聞グループとしての見解を求めた。

「僕とは無関係の過去を無制限に暴き出すということは、公人であったとしても、認めることはできない」


   橋下市長が問題視しているのは、ノンフィクションライターの佐野眞一氏らによる大型連載「ハシシタ 奴の本性」。橋下市長は何度も

「政策問題や、僕の政治的な態度、振る舞いとか、そういうことの検証のために一定の範囲でそういう事実を報じる、出すというのは当然」

と繰り返しながらも、連載には

「一番問題にしなければならないのは、敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格であり、その厄介な性格の根にある橋下の本性である。そのためには、橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べあげなければならない」

と明言されていることから、橋下市長は

「僕の今の人格というものが絶対に許されない、この許されない人格は何なのかと言えば、これは血脈だ、DNAだ、先祖、実父、遠戚なんだ、と。こういう発想のもとで、どんどん僕とは無関係の過去を無制限に暴き出すということは、公人であったとしても、認めることはできない」

と主張。実父が住んでいたとされる地域については、

「どこどこ地域が、被差別部落の地域かどうかを明らかにすることは、今の日本の社会では認められていないと思っている」

と、被差別地域の具体的な場所を明らかにすることが社会のルールを逸脱するとの見方だを示した。記事内容の信ぴょう性についても、

「この取材記者がどこに取材したかをリサーチしたら、どこまでうちの実父のことを知っているのか、うちの祖父のことを知っているのか、大変怪しい人だけに話を聞いて、話を聞いたことをそのまま出すっていうのは、それは報道ではないって思っている。そんなこと言ったら、噂話だって伝聞だって、全部事実なのか、ということになってしまう」

などと、身元が不確かな人物の証言を重視する手法に疑問を呈した。

   また、今後も連載が続くことについては、

「血脈主義というか、『人間は生まれてからの努力でやっていける』ということを全否定する朝日新聞社な訳ですから、人間は生まれながらにして、その出自、身分、先祖、そういうことで人間はすべて規定されるという朝日新聞社な訳ですから、これは仕方がないですね」

と吐き捨てた。

朝日新聞キャップ「取材記者なので、会社の見解を述べる立場にはないが」…

   会見場にいた朝日新聞キャップは、

「子会社ではあるが、編集権はまったく別。事前に何か記事の内容をチェックするとか、全くない」
「取材記者なので、会社の見解を述べる立場にはないが、朝日新聞自体が部落差別だとか血脈主義だとかを肯定する立場に立っているとは、私は思っていない」

などと一応の反論を試みている。だが、橋下市長は

「そんなんだったら、不法団体がトンネル会社作って何でもかんでも色んなことやるのといっしょじゃないですか。不法団体、朝日新聞社は不法団体そのものになったからしょうがないが、トンネル会社作って100%子会社作って、そこにむちゃくちゃなことやらせて、本体は『私は知りません。我々はインテリですから、そんな思想はとってません』そんな理屈は通らないと僕は思いますけどね~。週刊朝日の考え方が違うのであれば、それは出資引き上げればいいだけの話じゃないですか!」

などと一気にまくしたて、改めて朝日新聞グループとしての見解を求めた。

ABCについては「同一視すべき社ではないと、僕も納得」

   なお、朝日新聞と同様に質問を拒否することを表明していた朝日放送(ABC)については、

「資本関係、役員その他確認したところ、同一視すべき社ではないと、僕も納得した」

として、再び質問を受けることにした。ABCの記者は、

「うちだけの問題ではないので申し上げるが、市長の仰ることはもっとも。私も、あの報道はおかしいと思っている。だが、だからといって取材拒否するかは別の問題」
「その議論は週刊朝日とすべきだと思う」

などと橋下市長を批判。これに対して橋下市長は、

「週刊朝日の方は、僕に対して連絡をしてきて、『時間をください。直接会いたい』と言ってきているが、記者会見の場ではいやらしい。記者会見の場に来たらいいのに」

と、週刊朝日から面会要請があったことを明かした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中