GACKTやAKB48に「一方通行書き込み」 博多通り魔事件犯人の孤独と「心の闇」

印刷

   「がっくん、前向きになるにはどうしたらいいですか?」――福岡市のJR博多駅で発生した通り魔事件で、犯人が書き込んだものとみられるツイッターアカウントが発見された。ツイートの大部分はGACKTさんやAKB48のメンバーなど有名人のアカウントに宛てたもので、他愛のない内容だ。

   しかし、ほとんど返信の返ってこない、一方通行な書き込みの多さに「かまってちゃん」「寂しい人なのでは」といった憶測もネットでは出ている。

「心の闇にいる時はどうしたらいいですか?」

   福岡市のJR博多駅で2012年10月20日に通行人ら6人を包丁で切りつけ、5人に重軽傷を負わせた事件で、福岡地検に殺人未遂と銃刀法違反で送検された中野公貴容疑者(26)のものと見られるツイッターのアカウントが発見された。

   「中野公貴」または「公貴」と名乗り、プロフィール画像は肩にかかる長さの茶髪のホスト風の若い男性の写真を使用し、報じられた中野容疑者の特徴と一致する。ツイートは2011年12月6日から数えて計334件あった。

   フォローしているのは、AKB48の板野友美さん、篠田麻里子さんのほか、GACKTさん、吉高由里子さん、菜々緒さん、仲里依紗さん、ローラさん、荒牧陽子さんといった有名人のアカウントだ。また、「山口レバーオン」(山口朝日放送)というパチンコ・パチスロバラエティー番組で活躍する田尻直美さん、喜屋武地豊さんもフォローしていて、とくに田尻さんには開設した時から毎日のように話しかけていた。

   有名人らには、出演したテレビ番組への感想や、自分の日常の報告などを送っていて、口調は親しげで明るい。だが、誰とも知人ではなさそうだ。

   時折、

「1人のX'masは寂しいですよ」(板野さん宛)
「心の闇にいる時はどうしたらいいですか?」(仲さん宛)
「がっくん、前向きになるにはどうしたらいいですか?」(GACKTさん宛)

などと、弱気なメッセージも送っていたが、いずれも返事が返ってくることはなかった。

   また、4月以降は仕事に忙殺される様子の伺えるツイートもあった。

「最近忙し過ぎてスロ打ててないです」(田尻さん宛)
「最近職場を異動になって大変な日々を送ってます!笑」(田尻さん宛)
「今日はスペシャルハードスケジュールだった」

「かまってちゃん」なのでは?

   こうしたことを受けて、ネットでは中野容疑者の人となりを憶測する投稿が飛び交った。多くは「かまってちゃん」「寂しい人なのでは」という見方だ。

「凄い読んでてつらいのが、中身のいそうなアカウントとの交流が全く伺えないことなんだよね。FBとかやってて思うけど、やっぱりリアルの交友関係ってモロにああいうのに出るわけで、こういう人って寂しい人生送ってるんだろうなと思う。勿論、被害者からしたらとんでもない奴に思えるだろうけど」

   ただ、ツイートは6月9日以降途絶えている。4か月あまり後の10月20日に、「人を切り付けたい」と思って、事件を起こすまで、容疑者に何があったのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中