ヤクザの女親分のようなイメージ 角田美代子被告最近の顔写真見てみたい

印刷

   兵庫県尼崎市の遺体遺棄事件で、主犯格とされる角田美代子被告(64)の生活ぶりが詳しく報じられるようになってきた。しかし、最近の顔写真はまだ表に出てこないなど、ナゾの部分は依然多いようだ。

   頭から被った紫色のベールを右手で上げると、鋭い眼光で前を見据え――。角田美代子被告の顔写真といえば、送検時とみられる部分的なものしかこれまでになかった。

40歳前後ごろの顔写真がメディアで紹介

   それが、ここに来て、息子の小学校入学式で撮ったとされる40歳前後ごろの顔写真がメディアで紹介されるようになった。それを見ると、確かに目つきは鋭いものの、ほおがふっくらした旅館の女将さん風だ。

   しかし、報じられる角田被告像は、そんな普通の女性とはほど遠いものだ。

   親族の家に乗り込んでは、因縁を付け、お金を絞り取っていく。取り巻きには、相撲取りのような屈強の男らがおり、いつも数人を連れて出歩いていた。こうした報道が本当なら、まるでヤクザの親分のようなイメージだ。

   マンション最上階の8階にある3LDKの自室も、そんなイメージ通りだった。

   近くのたこ焼き店経営の男性(40)が報道陣に語ったところによると、3年前に常連客の角田被告に招かれて入った部屋は、高級クラブのVIPルームのようだった。リビング・ダイニングは、赤と黒を基調にし、アロマオイルの香りが漂っていた。

   特に目を引いたのが、大きなガラスのショーケースだ。その中には、仏ブランド「バカラ」のグラスや、年代物ワイン、クリスタルのミニカーなど宝飾品数百点が並べられていた。男性が角田被告に聞くと、「あれだけで2億円」と答えた。若いころ中国から雑貨の輸入をしていたというが、働いている様子もなく、とても薄気味悪かったそうだ。

   実は、この部屋は、管理費などの滞納で、11月から競売にかけられることになっており、その様子を撮った写真がネット上でも確かめられる。

自宅の応接セットだけで、110~150万円の推定額

   不動産競売物件情報サイト「BIT」で、神戸地裁尼崎支部のマンション物件を見ると、リビング・ダイニングの写真もあった。

   2012年10月22日のTBS系「朝ズバッ!」に出演した家具買い取りスペシャリストは、応接セットだけで、新品なら110~150万円と推定額を話した。ロココ調のソファは、フランス17、18世紀のマリー・アントワネット時代の様式といい、両側から人が支えるようなガラスのテーブルは、ヨーロッパ貴族が好んだ支配や束縛を表現したものだという。

   ショーケースの中は、よく見えないが、1本10万円もする仏高級ブランデー「アルマニャック」とみられるビンがあったという。

   一方で、洋室は、楽器など様々なものが散乱して積み上がる物置のようになっており、和室の窓にある障子は破れたままに放置されていた。生活ぶりは、かなりルーズだったようだ。

   また、玄関やバルコニーは、その大半が木製フェンスで覆われており、その意図がよく分からないものもあった。

   前出のたこ焼き店の男性は、角田美代子被告からさらに誘われたというが、身の危険を感じて2度と会わなかったそうだ。それだけ、角田容疑者が異様な生活ぶりだったということらしい。

   近所の人たちも怖くて近づけなかったといい、最近の顔写真が残っていないのも、角田被告の素性が何か関係しているのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中