「キンドル」ようやく日本発売決定 「予約した」という人も続出

印刷

   Amazon(アマゾン)の電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」が、ついに日本でも発売される。2012年10月24日、Amazonのサイトで発表された。

   「近日中に販売開始」と言われてから約4か月、インターネット上では「やっと来たか!」との声が上がっている。

Paperwhiteは11月、Fireは12月発売

Amazon.co.jpトップページ
Amazon.co.jpトップページ

   今回発売されるのは、最新の電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」(8480円)、3G接続できる「Kindle Paperwhite 3G」(1万2980円)、7インチタブレット端末「Kindle Fire」(1万2800円)、HDディスプレーを搭載した「Kindle Fire HD」(1万5800円~)の4種類だ。

   発売予定日はKindle Paperwhiteが12年11月19日で、Kindle Fireが12年12月19日。いずれの端末も現在予約を受け付けている。電子書籍を販売する「Kindleストア」は10月25日にオープンする。

   10月24日付の朝日新聞夕刊では、米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOのインタビューを掲載している。ベゾス氏は「米国でキンドルを購入した人の読書量は購入前の4倍になった。アマゾンは本の文化に貢献している」「あらゆる言語、あらゆる時代の書籍を電子化して60秒で消費者に届けたい」と、日本でのKindle発売に意気込む様子を見せている。

6月に近日中に販売開始すると発表

   Amazon.co.jpは12年6月、Kindleを近日中に販売開始すると発表していた。しかしそれ以来音沙汰がなく、インターネット上では「まだかよ」「近日っていつだ」などと話題になっていた。2ちゃんねるでは、10月24日の発表直前にも「kindleはいつ来るのか?近日中はとっくに過ぎた」というスレッドが立つほどだった。

   発表を受けて、ツイッターや2ちゃんねるには「キター!!」「とうとう出たんだ!」「すんごい待ったぞ」「しっかし安いな」など、発売を待ち望んでいた人々の書き込みが並んでいる。また、早速「予約した」という人も相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中