夕方集荷の書類を香港、上海、台北に翌日配達へ ヤマトHD

印刷

   ヤマトホールディングス(HD)とヤマト運輸は2012年10月23日、法人契約者を対象にアジア向け国際宅急便の翌日配達を始めると発表した。第一弾として、11月15日から企業関係書類の取り扱いをスタート。夕方に関東・関西圏で集荷した書類が、翌日14時以降に香港、台北、上海に届く。サービスでは、全日空(ANA)が流通ハブとして利用している那覇空港を活用。那覇空港の施設が24時間通関に対応したため、スピードアップの実現につながった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中