「トクホ」の新ジャンル「炭酸飲料」続々 5000億円市場が元気になってきた

印刷

   特定保健用食品(トクホ)の炭酸飲料が続々と登場している。アサヒ飲料は2012年11月20日、トクホの炭酸飲料「アサヒ ファイバー7500」を発売する。

   キリンビバレッジが4月に発売したトクホ初のコーラ系飲料「キリン メッツコーラ」が大ヒット。その後、伊藤園が7月に「スタイリー スパークリング」を投入し、トクホ飲料の新ジャンルとして、しぼみかけている市場の活性化に期待がかかっている。

トクホとコーラ系飲料の「意外性」ウケた

アサヒ飲料の「ファイバー7500」。「トクホ」マークが目印!
アサヒ飲料の「ファイバー7500」。「トクホ」マークが目印!

   日本健康・栄養食品協会によると、消費者庁が認可したトクホ食品は2012年5月に1000品目に到達した。しかし、トクホ市場の規模は1997年の調査開始以来続いてきた右肩上がりの伸びが2007年度の6798億円をピークに、09年度は5494億円に減少。11年度には5175億円に縮小した。

   食品の種類別でも、清涼飲料水は11年に1247億円と、前回調査の09年と比べて68億円減った。

   トクホ飲料は、花王の「ヘルシア緑茶」(04年)やサントリーの「黒烏龍茶」(06年)といったお茶系飲料が中心だが、そこに登場したのがコーラ系飲料の「キリン メッツコーラ」だ。

   炭酸飲料の代表格といえるコーラ系飲料は、健康によくないといわれがち。それが「健康によい」トクホ飲料として認可されたことで、それまでメタボが心配で飲むのを控えていた「コーラ好き」が飛びついた。

   「キリン メッツコーラ」は食後の中性脂肪対策として有効とされ、また糖類ゼロでありながら、炭酸飲料のシュワッとする刺激と爽快感がある。

   トクホとコーラ系飲料の意外な組み合わせがウケて大ヒット。発売当初100万ケースを年間販売目標に置いていたが、わずか2週間でこれを達成。7月には目標を600万ケースに上方修正したが、9月にはさらに100万ケース上乗せして700万ケースに修正するといった勢いだ。

   トクホ飲料としては「炭酸系」という新ジャンルを開拓したことで、「(数字のうえでは)単純に上積みになり、市場拡大の期待はあります」(日本健康・栄養食品協会)という。

「価格抑えめ」もヒットの要因

   伊藤園の「スタイリー スパークリング」は、柑橘類から生まれたポリフェノールの一種で、中性脂肪を減らす作用のあるモノグルコシルヘスペリジンを含んだ炭酸飲料。「1日1回1本」の摂取を目安に、毎日継続して飲んでもらえるよう、ノンカロリーで後味すっきりのジンジャーレモン味に仕上げた。売れ行きも好調だ。

   アサヒ飲料が2012年10月24日に発表した「ファイバー7500」は、06年から展開する「ファイバー」ブランドを「トクホ」にリニューアルしたもので、食物繊維の純度や含有量を向上させた。整腸作用をアピールし、お腹の調子を手軽に整えたい20~30歳代の男女をターゲットに売り込む。

   ファイバーの11年の販売数量は23万ケース(1ケースは24本)だったが、トクホの認可を受けたことで年内に30万ケース(同)の販売を見込んでいる。

   希望小売価格は158円(500ミリリットル)で従来よりも10円値上げしたが、「キリン メッツコーラ」や伊藤園の「スタイリー スパークリング」と変わらない。

   トクホ飲料は、「トクホは高いというイメージがある」(日本健康・栄養食品協会)ことと最近の景気後退ムードが相俟って、市場規模の縮小につながった。1本あたり158円は、一般のコーラ系飲料並み。容量350ミリリットルで約170~190円のトクホのお茶系飲料よりも安く設定したことも、ヒットの要因だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中