大谷を「強行指名」した日本ハム 米国行きの決断を揺るがす秘策がある?

印刷

昨年の菅野に続く、日本ハムの「一か八か」戦略

   2012年度のプロ野球ドラフト会議は10月25日に行われ、日本ハムが大リーグ志望の大谷翔平投手(花巻東高)を1位指名してビッグニュースとなった。無理筋の行動だけに獲得の秘策を持っていると思われる。

   大谷は時速160km/hを投げる大器。どのチームも狙っていたのだが、21日に「僕は大リーグで投げたい」と指名拒否の意思を明らかにした。この発言で多くの球団が方向転換せざるを得なかった。ところが日本ハムは栗山英樹監督がドラフト会議前日に「大谷君を指名する」と明言した。

   そして会議。日本ハムは公言通り大谷を1位指名。むろん単独指名。その瞬間、会場はどよめいた。「すげぇ!」といった感じだった。

「大谷君はナンバーワン投手と思うから1位指名した」

   栗山監督はそう指名理由を説明し、力を込めた。新人監督ながら今季のパ・リーグ優勝を手中にした自信がうかがえた。指名された大谷は「(大リーグで投げたい)思いは変わりません」と米国行きの意思を改めて示した。

   日本ハムは昨年のドラフト会議で「巨人しか行かない」と宣言していた東海大の菅野智之投手を1位指名したが、入団拒否された。今年の大谷も同じような姿勢である。2年続けて一か八かの勝負に出た格好だ。

「田沢ルール」回避のオプションがあれば、大谷の決心も揺らぐ?

   この指名は「無謀」という関係者の声は少なくない。あえて強行したのは、獲得の秘策があるはず、と推測する。

   たとえば…。「入団しても好きなときに大リーグに行ってよい」――というオプション付きの契約だ。海外FAの資格を得るためには、一定の期間経過を必要とするが、自由契約選手の形をとればいつでも太平洋を越えられる。かつて、入団時にそのような契約を交わし、その権利を行使して大リーグに行った日本選手が現実にいた、と聞く。

   このオプションは大谷にとってもありがたい。日本の球団に入らないまま米球界に入った場合、その後、帰国して3年間は日本のプロ野球でプレーできない。現在、レッドソックスの田沢純一が米球界に直接行ったときにできた、いわゆる「田沢ルール」である。

   なんとも理不尽で自分勝手な取り決めだが、大谷は日本ハムに一度入団することでその規則は適用されない。いくら大器といっても高校生。米国に行っても大リーガーになるには3年から5年の「修行」を必要とするだろう。それを思えば、日本ハムで実力を蓄えるのも一つの方法といえる。

   このウルトラCを日本ハムが提示する可能性はある。大谷にとって決して悪い話ではない。

   栗山監督の度胸の良さを球界は認めたはずである。日本で育った財産をむざむざと米国に取られてたまるか、という思いもあったのだろう。一度は日本のプロ野球で投げろ、とのシグナルに違いない。

   この日本ハムをはじめ、甲子園の春夏連覇で注目を集めた藤浪晋太郎投手(大阪桐蔭高)を阪神が4球団抽選の末に引き当てるなど、ドラフト会議は盛り上がった。そんな中で静かだったのが巨人。浪人菅野を予定通り指名したのだが、興奮もなければ感動もなかった。孤立していたように見えた。

   日本シリーズではその日本ハムと巨人が対戦。因縁の戦いともいえる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中