被災したふるさととのまっとうな向き合い方【福島・いわき発】

印刷
news_p151645_1.JPG

   いわき市の北部、久之浜、平・薄磯、豊間と、津波被災地を訪ねる機会がある。3・11の午後3時過ぎまでは密集していた家が大津波に飲まれ、ガレキと化した。ガレキが除去されたあとは、コンクリートの土台を除いて"更地"になった。1年7カ月たった今、ところどころに花が飾られてある(=写真)。思わず心の中で合掌する。


   いわきの犠牲者は、4・11の土砂崩れによる4人を含めて死者が310人、行方不明者が37人。これが、今年7月1日に県の定めた統一基準に合わせ、(1)直接死293人(2)死亡認定(行方不明)37人(3)関連死94人、の計424人(現在は6人増えて430人)に達した。


   亡くなった人の無念、遺族の悲しみを忘れない――ハマの津波、ヤマの土砂崩れを免れたマチの人間である私は、被災地を訪ねるたびにそう思う。同じように、いわき出身者もまた、ふるさとを離れている身では「震災を忘れないこと」くらしかできない、と言ってきた。それこそふるさととのまっとうな向き合い方だ。


   福島高専の創立50周年記念式典が先日開かれた。それに合わせて仲間内の飲み会が企画された。幹事による通知、仲間から別の仲間へのメール転送による出欠返事から、部活(陸上競技)を共にした人間と何十年ぶりかで連絡が取れた。


   だれからか聞いて知ったのか、いわきの震災の状況は私のブログで「手に取るように理解できました」という。だれにあてるわけでもないが、私は個人への手紙のつもりでブログをつづる。それが、しばらく連絡の途絶えていた旧友に届いていた。


   陸上部の後輩に大熊町の幹部職員がいる。大熊町は原発事故で全町避難を強いられた。今は「町外コミュニティー」(仮の町)をどこにどう構築するのか、役場ごと避難した会津若松市で苦闘の日々を送っている。5月にはいわきに避難している町民を対象に国が説明会を開いた。会場をのぞいたら、後輩がいた。


   学業とは別に、部活を共にした人間のつながりは、よく言えば純粋、悪くいえば単純。なにもできないが、気持ちだけは寄り添うことができる。それこそ「震災を忘れない」ように「お前を忘れない」と。あらためて同輩を思い浮かべ、後輩を思い浮かべて胸が熱くなった。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中