「このクオリティ、誰も疑問を持たなかったのか?」 フジの「バーチャル女子アナ」不評

印刷

   フジテレビの新番組に「バーチャル女子アナ」、その名も「杏梨ルネ」が登場した。

   「バーチャルキャラクター」といえば初音ミクが人気を博しており、今注目のジャンルだが、「杏梨ルネ」の評判はどうなのか。

江川達也さんがキャラクターデザイン担当

   杏梨ルネは2012年10月1日、「入社式」と題した会見でお披露目された。SNSなどと番組との連携を強化させるのがねらいだ。

   キャラクターデザインは漫画家の江川達也さんが担当し、フジテレビでCG制作した。明るい茶髪とスレンダーなプロポーションが特徴で、「入社式」には立体の姿で登場した。声はフジの若手女性アナウンサーの声をサンプリングし、動きはモーションキャプチャーを利用している。

   フジテレビアナウンサーの公式サイト「アナマガ」にも個人ページを開設。1990年9月6日生まれの22歳で、「桃杏大学」を9月に卒業したという設定だ。休みの過ごし方は「中野ブロードウェイ散歩」、アナウンサーになっていなかったら「ももいろクローバーの一員」と書かれてあり、ネットユーザーとの親和性を意識しているのではと思われる。また、苦手なものに「日本語」、短所に「滑舌・漢字」があがっており、アナウンサーらしからぬ一面もあるようだ。

   今後フジのデジタル分野の顔として活躍していく予定だという杏梨は、早速10月15日スタートの新番組「にっぽんのミンイ」にMCとして出演している。

   「にっぽんのミンイ」は、「ザッケローニ監督は日本にベストな監督?」「ネット上で別人になりすました事ある?」など、時事に関連した質問に対する「YES」「NO」をリアルタイムで視聴者から募り、結果を発表するというシンプルな番組だ。毎週月~木曜に5~10分間放送している。杏梨は番組の進行と、結果にコメントする役割を担っている。

「初代プレステのCGみたい」「声が耳障り悪すぎ」

   「入社」早々、新番組のMCを務めるという順風満帆っぷりだが、インターネット上の評価は芳しくない。

   入社式の報道を見た人は、「初代プレステみたいなCGだな そしてキャラの造形は90年代バブルっぽい」「ソーシャルゲームかなんかに出てくる着せ替えアバターの残念な感じみたいになってる」「誰もこのクオリティには疑問を持たなかったのか?」など、出来栄えにがっかりした、という意見を書き込んでいる。

   「にっぽんのミンイ」放送後も、「入社式の時よりはCGがマシになったけど、声がヒドイ。耳障りが悪すぎる」「改めて見てもひどいな・・・せめてもっと調教してから喋らせろよ・・・」と、やはり残念がる声が多い。「かわいいじゃん」という声はごく一部だ。

   人気の「バーチャルキャラクター」といえば「初音ミク」が思い浮かぶ。初音は音声合成システム「VOCALOID2」で歌うキャラクターで、初音があたかもそこに存在するかのような演出のライブイベントなども行っている。歌声のきれいさはもちろん、デザインの可愛さやリアルさを追求した動作などで大人気だ。

   高いクオリティーのバーチャルキャラクターがすでに存在しているだけに、「杏梨ルネ」の「残念な感じ」が余計視聴者をがっかりさせてしまったのかもしれない。今後の「成長」が待たれる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中