大手行のネットバンキングに不正画面 暗証番号など目的か

印刷

   ゆうちょ銀行と三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングのウェブサイト上で、暗証番号など顧客の個人情報を不正に入力させる画面が表示されるケースがあったことが、2012年10月27日に明らかになった。

   不正画面は一部の利用者にしか表示されていない。このためこれらの利用者がウイルスに感染した可能性があるという。過去にも、パソコンでネットに接続した際に偽サイトへ誘導して個人情報を盗み取る「フィッシング」は多く見られたが、銀行本来のサイト上に不正情報を表示する方法はこれまでに見られなかった手口だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中