東証「なでしこ銘柄」選定を検討中 13年2月めどに公表

印刷

   東京証券取引所グループは、東証1部に上場する約1700社から女性が活躍している10~20社程度を選び、「なでしこ銘柄」(仮称)として投資家に公表していくことを検討している。東証は2012年10月29日、「企画、構想中です」と話した。

   「まだ決定していることはありません」としているが、女性の社会進出を後押しし、選んだ銘柄などで構成する株式指数をつくり、上場投資信託(ETF)などに活用していくことをイメージ。個人投資家らの資金を市場に呼び込む狙いがある。

   まず管理職に占める女性の割合の高さや育児支援制度の有無などを基準に約100社を選び、その中から自己資本利益率(ROE)などの財務指標をもとに業績のよい企業を選んでいく。早ければ2013年2月にも公表する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中