橋下大阪市長ウォッチ
地方交付税支払い延期に憤慨 「消費税の地方税化に尽きる」

印刷

   2012年秋の通常国会で特例公債法案を成立させられなかったことを受け、2012年11月2日に地方自治体に支払われることになっていた地方交付税4.1兆円の支払いが当面延期されることになった。これを受け、大阪市の橋下徹市長は12年10月30日朝の囲み取材で、「こういうドタバタに地方全体が巻き込まれるとかは、もう勘弁してほしい」と述べ、自らが率いる日本維新の会が公約として掲げている「消費税の地方税化」を改めて主張した。

「こういうドタバタに地方全体が巻き込まれるとかは、もう勘弁」


   橋下市長は、現状の地方交付税を交付制度について

「地方交付税制度は廃止すべき。国と地方の役割分担の中で、税財源は分離独立させるべき。国が国民全体からお金を集めて、そして地方に配分するということは、もうね、もたないですね」

などと制度疲労を起こしていることを改めて主張。その上で、

「こういうドタバタに地方全体が巻き込まれるとかは、もう勘弁してほしいので、消費税の地方税化、これに尽きますね」

と持論を繰り返した上で、

「国の政策は国の財布で、国のゴタゴタは国の中で解決してもらえればいい」

と中央と地方の財布を分離するように改めて求めた。

参院所信表明演説拒否は「権利と義務のバランスを欠いている」

   また、現行憲法下では初めて首相の所信表明演説が参院で行われなかったことについて、橋下市長は

「参議院こそ権利と義務のバランスを欠いている。解散させられないというのに、ここまでやるというのはやり過ぎ。参議院不要です。廃止。いりません」

と参院を非難した。なお、維新の会の公約集「維新八策」では

「現在の参議院廃止を視野に入れた衆議院優位の強化」

を掲げている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中