JAL、上期は過去最高営業益 通期も150億円上方修正

印刷

   日本航空は2012年11月2日、13年3月期第2四半期(13年4月1日~9月30日)の連結業績を発表した。11年の東日本大震災の反動で、観光や海外からの旅客需要が回復し、売上高は前年同期比5.7%増の6342億円だった。営業利益は同5.7%増の1121億円で、半期ベースでは過去最高を記録した。JALが10年1月の経営破たん以降、東京証券取引所で決算会見を開くのは初めて。

   また、通期の連結業績予想は、12年5月の当初予想から売上高を50億円引き下げて1兆2150億円に修正したものの、コスト削減がさらに200億円進むことから、営業利益を150億円引き上げて1650億円に修正した。

尖閣問題「下期で100億程度の減収の影響があるだろう」

東京証券取引所で会見する日本航空(JAL)の植木義晴社長
東京証券取引所で会見する日本航空(JAL)の植木義晴社長

   尖閣問題を受け、9月の中国路線は「一桁単位の減収」(植木義晴社長)だったが、欧米路線の復調で、全体としての影響は限定的だった。

   ただし、下期については、植木社長は

「下期で100億程度の減収の影響があるだろう」

との見通し。現時点では

「回復とまでは言わないが、確実に底を打ったとは思っている」

との感触だが、影響は1年程度残るとみている。

   また、半期ベースの営業利益では過去最高だったことについては、

「規模の拡大よりは収益性を基本にしたい」
「採算性をベースにして身の丈の成長を目指したい」

と述べ、慎重に「攻めの姿勢」「成長路線」といった言葉は避けた。

9月時点で外国人持ち株比率が3分の1超え

   あわせて、9月末時点で「外国人等の有する株式の総数」が発行済み株式総数の3分の1以上になることを確認したと発表。航空法の定めに従って、外国人保有株数が議決権ベースで3分の1を超えた場合は、株主名簿への記載を拒否する方針。ただし、今後定款を改正し、配当は可能にしたい考え。

   なお、全日空(ANA)は10月31日、13年3月期通期の連結売上高予想を、前期比4%増の1兆4700億円になりそうだと発表している。従来予想の同6%増の1兆5000億円から300億円引き下げており、増収は確保するものの、尖閣問題が足を引っ張っている形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中