「ナイフで滅多刺し、ドラム缶に詰めたい」 はるかぜちゃん「殺害予告」で通報騒動

印刷

   「はるかぜちゃん」こと人気子役の春名風花さん(11)のツイッターあてに、「殺害予告」が届いた。

   春名さんは事態を重く見て警察に通報したという。ツイッターでは、春名さんを心配する人だけでなく、なぜか春名さんを批判する人も少なからずいた。

「はるかぜちゃん怖い」「ただの悪口じゃん」

   ツイッターで、「はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しにしてドラム缶にセメント詰めて殺したい」というツイートが投稿された。これを見つけた春名さんは2012年11月1日、ツイートを引用した上で「お客様の中におまわりさんはいらっしゃいますか」と投稿した。

   その後春名さんは「ぼくも、そろそろちゃんとするべきなのかな いままでこういうの、わりと柔軟ソフランだったけど、あとをたたないし・・・」「いきなしおまわりさんはかわいそうだから、とりあえずヤフーニュースにしてもらって、様子をみようかな・・・」とツイートし、「通報も辞さない」ということを示唆した。

   これを見たツイッターユーザーは、春名さんあてに「おまわりさんでいいんじゃない?こういうこともれっきとした犯罪なんだよ、って教えてあげないと」「事務所にいるであろう、法律に詳しい人に相談してみたらどうかな?」など励まし、アドバイスのコメントを送った。一方、「はるかぜちゃんって怖いねー(笑)」「こらはるかぜ、ネットじゃなくて事務所の人と親と話しなさい。子供がケーサツに連絡したらどうなるかしってる?家の人も巻き込むのよ?」「何も通報までしなくても…その人はただの悪口で言っただけじゃん」と春名さんのやり方を批判するコメントも届いた。

   春名さんはこれらに対し「こわいのはこっちのセリフですん いくらぼくでも、メッタ刺しはごめんです」「親は通報するて言ってます いま少しだけ、待ってもらってます」「『ただの悪口で言っただけ』かあ・・・」と対応した。

「神奈川県警に届けました。事件として処理されます」

   春名さんは「殺害予告」したユーザーには「どこかで見ていてくれるなら、事務所の方に連絡をくれたら、通報はしません もう少しだけ信じて待ってみます よろしくお願いします」と呼びかけたが、「大したことじゃないとおもう人もいるんだな 果たしてそうなのかな そうなのかな」「メッタ刺しでころされるのは、こわい」「しにたくない」と悩む胸中を吐露し続けた。

   そして11月2日の18時すぎ、春名さんは「きのうの件、神奈川県警に届けおわりました 今後は事件として処理されることになります」と報告した。フォロワーからは「ひとまず安心だね!私はずっとはるかぜちゃんの味方!!」「大丈夫。声をあげ助けを乞えば必ず助けてくれる人がいるよ」などの励ましのコメントが寄せられている。

   なお、「殺害予告」をしたアカウントは11月2日19時現在削除されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中