川原社長の「なんでんかんでん」本店が「閉店」告知 ラーメンファンから驚きの声

印刷

   以前放送されていたテレビ番組「マネーの虎」(日本テレビ系)でおなじみ、川原ひろし社長が手がけるラーメン店「なんでんかんでん」の本店(東京・世田谷区)が2012年11月5日、25年の歴史に「幕を閉じる」。同社サイトで「緊急告知」として閉店情報を大きく載せている。

   東京の博多ラーメンブームの火付け役とも評される超有名店の突然の発表に、お笑い芸人の有吉弘行さんもツイッターで反応するなど、ファンの間には衝撃が走っているようだ。

ブームが去ると…

緊急告知として掲載された「閉店」情報(画像は「なんでんかんでん」公式サイト)
緊急告知として掲載された「閉店」情報(画像は「なんでんかんでん」公式サイト)

   「なんでんかんでん」が誕生したのは1987年。東京都世田谷区の「環七どおり」(環状7号線沿い)に本店を構えた。ごえもん釜で3日間煮込んで作る濃厚な豚骨スープが特徴で、店内には豚骨の独特の香りが漂う。ラーメンは「ふつう」から「粉おとし」まで5段階の硬さがあり、好みでごまや紅しょうが、辛子高菜などのトッピングを加えることも可能だ。

   当時、本格的な博多ラーメンは珍しかった東京では一躍人気店となり、連日長い行列をなしていた。その後も勢いにのった同店は次々と支店(フランチャイズ)を展開。店に立つことの多かった川原社長もメディア露出が増え、名物社長として知られるようになった。しかし、一大ブームが過ぎると徐々に客足も細くなり、現在では支店のほとんどが閉店している。

   そこに突然舞い込んだ本店閉店の知らせ。インターネット上でも「まじですか?!あの、『なんでんかんでん』が・・・・」「東京で初めて食べたラーメンがあれで、東京って怖い場所だと思ったのが懐かしい」という声もきこえており、お笑い芸人の有吉弘行さんも「『なんでんかんでん』の閉店情報に一抹の思い。。。」とツイッターでつぶやくなど、かつての栄光を知る人たちにはそれぞれ思うところがあるようだ。

2013年2月には都内に本店再オープンも

   しかし今回の閉店は、「なんでんかんでん」復活劇の始まりとの見方もある。川原社長は東日本大震災当日に仙台で被災した経験から、「助けられたこの命 なにかしなくては この味を残したい」との思いで、フランチャイズの募集をスタート。ことし3月に海老名店が誕生した。

   川原社長のブログによると、フランチャイズ展開の目標は年間100店舗。12月6日には山口県内に新店オープンも控えており、今回閉店してしまう本店も2013年2月を目途に、都内に新しくオープンするとしている。現在の本店を閉める理由については、触れられていない。数か月のお別れとなる形だが、「これからを楽しみにしています」「川原さんの先の展開が楽しみー!」「福岡でもぜひご検討お願いいたします」とインターネット上では今後に期待する声もあがっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中