酒びたり? ろれつ回らず 野田首相いよいよ末期症状か

印刷

   野田佳彦首相の体調異変を指摘する声が広がった。顔がややむくみ、表情は乏しい上に、答弁の際にろれつが回らなかったことから、ストレスによる酒びたり説や燃え尽き症候群説などが飛び出している。

   当の野田首相は2012年11月5日夜、訪問先のラオスで「体調は万全です」と強調したものの、世論調査で支持率は急降下、ネット上には「早期解散」や「ご自身のためにも日本のためにも辞任を」といった声があふれている。

心身ともに病んでいる?

 

   野田首相の体調悪化が話題になり出したのは10月末ごろから。夕刊紙や週刊誌が報じた。

   このうち夕刊フジでは、ジャーナリストの加賀孝英氏が「官邸筋からの信じがたい情報」として、

「野田首相の酒量が1、2か月前から極端に増え、タバコの量も格段に増えた」
「顔のむくみやまぶたの腫れ、目の充血は何のことはない。酒の飲みすぎ!?で、肝臓に負担がかかっているようなのだ」
と書き、
「中国公船が連日のように沖縄・尖閣諸島周辺の領海侵犯を繰り返す国難の時に、首相がその重責から体調に異変が出るほどアルコールに逃げていいのか」

   と早期退陣を促した。

   本来、野田首相は大の酒好き。「放っておくと一升は軽い」とも言われるが、深酒による一連の体調不安説は11月1、2日の衆院本会議で、答弁の際にろれつが回らなかったことでにさらに拍車がかかった。

   1日の答弁では、同じ部分で言葉につまって右手で頬を叩いて言い直し、翌2日も「これまで経験のない困難を伴うことから、ことから」と述べた後、手を口に当てて言い直した。政治主導はすでに名ばかりで、言葉に力はなく、答弁内容は官僚作文そのままだった。

   体調面に加え、意欲の衰えについての指摘も民主党内からすでに出始めていたようで、読売新聞は11月1日付朝刊で「首相は燃え尽き症候群」「(消費増税法案の成立で)首相は目標を見失った」という若手議員の声を掲載していた。

最新の内閣支持率は野田政権の発足以来最低

 

   臨時国会での野田首相のこうした「失態」なども影響したのか、読売新聞が11月2~4日に実施した世論調査では、内閣支持率は11年9月の内閣発足後最低の19%まで下がり、前回調査(10月1~2日)と比べて15ポイント減少した。過去の民主党内閣の交代直前の支持率は鳩山政権19%、菅政権18%で、野田政権も崩壊寸前の数値となった。

 

   長く政界を見てきた政治評論家の浅川博忠さんは、酒びたり説の真偽はともかくとして

「民・自・公の三党合意による消費増税法案の成立後、野田さんが抜け殻のようだったのは事実。法案が通過してしばらくの間、目の焦点が定まっていなかった」

   と指摘する。

   その上で、

「『近いうち』解散を求める自民・公明と、解散を先延ばししたい民主の輿石幹事長との板ばさみは相当なストレス。抜け殻状態でストレスがかかった野田さんがやったのが9月の内閣改造です。あんなあからさまな論功行賞人事は、野田さんが普通の状態ではやらないでしょう」

   と話す。

   危機的状況の野田首相は今何をするべきか、との問いに対し、浅川氏は

「景気が悪化し、領土問題も深みにはまり、日本がどんどん沈没していくのを避けるためにも、年内解散するのが首相としてとるべき道。気力体力とも、はたで見ていておかしいように見えるし、本人も解放されるでしょう」

   と語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中