東電、政府に追加支援を要請 賠償・除染で負担増

印刷

   東京電力は、福島第一原子力発電所事故の損害賠償や除染を継続するため、政府に新たな支援策の検討を要請することを盛り込んだ新たな経営方針を2012年11月7日に発表した。経営方針は2013~14年度が対象。

   東電の下河辺和彦会長は、今後の除染や中間貯蔵、廃炉の費用を考慮すると現状の上限の5兆円を突破する恐れがあり、「一企業のみの努力では到底対応しきれない可能性が高い」と指摘。引き続きコスト削減を強化するものの、東電単独で巨額の負担増に対応するのは困難だと判断した。

   さらに、下河辺会長は「新たな支援額や枠組みについて東電からは示さない」と述べ、政府の議論を待つ姿勢を示した。

   5月に政府の認定を受けた「総合特別事業計画」では、東電の賠償費用は国から原子力損害賠償支援機構にわたる交付国債で賄い、東電が将来の事業収益で返済することになっている。政府への支援要請は、総合特別事業計画の前提が崩れていることを事実上認めたことになる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中