芸術にまで波及する風評被害 でもイタリアは違った!【福島・いわき発】

印刷
news_p153409_1.JPG

   いわき市立美術館で始まった「生誕100年記念 ヴェナンツォ・クロチェッティ展」のトピックは二つ。東日本大震災で被災したいわき市への文化支援として開催されたこと、クロチェッティ財団からいわき市に作品が1点(=写真)寄贈されたことだ。


   大震災に伴う原発事故で福島県は風評被害に見舞われた。美術館にも影響が及んだ。海外から福島県内(日本そのものだったかもしれないが)への作品持ち込みにブレーキがかかった。が、クロチェッティの国・イタリアは違っていた。支援し、作品まで寄贈した。


   恥ずかしながら、クロチェッティという彫刻家を今回初めて知った。「絵は印象派止まり、彫刻はロダン止まり」と揶揄されてもしかたないレベルだ。


   今まで見たこともない大胆なポーズ(「岸辺で会釈する少女」)に目を奪われた。ねじれたような足の組み方(「ダンスを学ぶ女性―休息」)、そして圧倒的なリアリティーを持つ小品(「地震」)にも。


   「地震」は、若い母親が両腕に幼子を抱え、なにか叫びながら走っている姿を表現している。右腕に抱えられた子は逆さま、左腕の子は肩にかつぎあげられている。その切迫感が東日本大震災に重なる。


   「ダンスを学ぶ女性―休息」は女性がいすに座り、足を組んでいるポーズだ。ロダンの「考える人」を連想した。わが家に帰って彫刻の通りに足を組んでみた。できないわけではないが、かなりきつい。「考える人」も前にポーズをまねしてみたがきつかった。


   さて、いわき市に寄贈されたのは――。バチカンにサンピエトロ大聖堂がある。クロチェッティが制作したのは、高さ7.4メートル、幅3.8メートルの門扉。その「ひな型」だった。市立美術館の宝がまた一つ増えた。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中