橋下大阪市長ウォッチ
非核三原則「『持ち込ませず』は無理」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年11月10日、広島市内で囲み取材に応じ、「持たず、作らず、持ち込ませず」の「非核三原則」について、

「『持ち込ませず』というところが、本当にそれが現実的にどうなのかというところは、しっかりと確認して…、『持ち込ませず』は無理だと」

と述べ、現実的には核兵器が日本にも持ち込まれているとの認識を示した。その理由については、

「日本が拠点となりながら、太平洋を全部あの米国の第7艦隊が守っているわけですよ。米国の第7艦隊がじゃあ、核兵器を持っていないのかというと、そんなことあり得ないですよ」

と説明。その上で、

「安全保障と核については、しっかりと政治家である以上は考える、議論する、国民の皆さんにきちんと問題提起はする。こういうことは必要だと思います」

と述べた。

街頭演説は「選挙モード」


   同日、橋下氏は広島県福山市で自らが率いる「日本維新の会」の代表として街頭演説した。冒頭、自らのスキャンダルを逆手にとって、

「最近、妻にいろんな事情がありまして、謝り続けていて、ちょっとそれで声がおかしくなってしまいまして…」

と聴衆をわかせ、

「時代が時代なら、弓や鉄砲や大砲を持って戦(いくさ)をしていましたけれども、今の時代の戦と言えば、そう!選挙なんですね!」

と、すっかり「選挙モード」だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中