桜井センリさん死去 クレージーキャッツ、俳優としても活躍

印刷

   ジャズバンド・クレージーキャッツのメンバーで俳優の桜井センリさんが死亡していたことがわかった。86歳だった。2012年11月12日、主要紙が相次いで伝えた。

   自宅で一人住まいだったため、「孤独死」との見方が出ている。

   桜井さんは英国・ロンドンの生まれ。早稲田大学在学中からジャズピアニストとして活動し、1960年に「クレージーキャッツ」に参加した。 「しゃぼん玉ホリデー」(日本テレビ)などの出演のほか、映画では山田洋次監督に重用され、「男はつらいよ」などで準レギュラーとして活躍した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中