勢い増す解散風に霞が関しらけムード 「予算作業やり直すと二度手間になる」

印刷

   国の来年度予算案の編成作業の見通しが不透明になってきた。2012年10月末の「予算編成に関する政府・与党会議」の会合で本格的な詰めの作業が始まったはずだが、ただでさえ民主党政権存続が危ぶまれていたところに、解散風が急に強まり、「年内編成は無理」との声もささやかれている。

   12年の予算編成は、消費税引き上げを柱とする「社会保障と税の一体改革法」成立に手間取ったあおりで、例年は8月末の概算要求締め切りが9月7日にずれ込み、スタートから出遅れた上、その後も衆院解散を巡る与野党攻防のため、全体に作業は停滞気味。12月上・中旬の税制改正大綱決定、下旬の予算案決定という例年のスケジュール通りに進むか、懸念が出ていた。

「財務省の野田政権へのサポートが一気に弱まった」

   表向きの予算編成に向けた作業は、一応、進んではいた。10月30日の「政府・与党会議」で、「日本再生戦略」の重点政策と位置付けた「環境・エネルギー」「健康」「農林漁業」の3分野に重点配分する方針を確認。通常は12月に入ってから閣議決定する「予算編成の基本方針」を11月中に前倒しする構えを見せるなど、予算の年内編成の旗を掲げてきた。

   ただ、実務を担う霞が関の官庁では、「解散時期によっては作業をやり直す必要が出てきて二度手間になる」との白けたムードも広がってきた。さすがに財務省は財政制度等審議会(財務相の諮問機関)を主な舞台に、地方公務員の平均給与が国家公務員を9年ぶりに上回るとの試算を示して、交付税減額の必要を訴え、農家向けの戸別所得補償制度について「経営体質改善につながらない」との議論を提起するなど、「政権に関係なく、必要な歳出削減に向けた作業は粛々と進めている」(財務省筋)。

   しかし、「消費税関連法が通った後、財務省の野田政権へのサポートが一気に弱まった」(経済官庁有力OB)といい、「予算編成で例年になく財務省の政治へのグリップが効いていない」(与党筋)というのが霞が関の共通認識。実際、一般歳出の要求総額は「特別枠」への要求が膨れ上がった結果、上限とした71兆円を上回る73.4兆円に達し、11月6日になって、民主党が各省庁に、概算要求額から3%削減して出し直しを指示する異例の事態になっていた。

細川内閣以来19年ぶりの越年編成の可能性

   そこに吹き始めたのが「解散近し」の風。その時期により、細川内閣以来19年ぶりの越年編成の可能性が取りざたされる。

   政治日程で現在有力視される11月中の解散、12月16日または22日投開票の場合、解散と同時に予算編成作業は完全にストップし、総選挙後の新内閣組閣後に仕切り直しになり、越年編成が確定する。2013年1月召集の通常国会冒頭解散の場合、年内に野田内閣が予算編成するが、2月か3月初めの投開票が想定され、選挙後に政権交代になれば、予算は組み直しになる。年内に野田内閣が予算編成したのちに解散、正月を挟んで総選挙になり1月末投開票の場合も、政権交代で編成し直しになる。

   いずれにせよ、予算が成立するのは大幅に遅れ、年度内に予算が成立するのは難しくなり、暫定予算を組むことになる見通しだが、特に年末や年明けの解散の場合は暫定予算の期間が相当の長期にわたるおそれもある。ただでさえ微妙な景気の足をこれ以上引っ張らないためには、早期解散が必要だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中