今までなかった「大船渡復興応援商品」がついに完成!【岩手発】

印刷
news_p153749_1.jpg

アリティーヴィーの高野です。

さて、11月に入り2012年も残すところあと2ヶ月を切りました。 早いものですね。

11月、「年末を迎えるにあたりそろそろ準備しないと」と、考えるものと言ったらなんですか?

年賀状ですよね。

2012年は震災の影響で、年賀状を出さない人、出せない人も大勢おりましたが、2013年は新たな気持ちでまた年賀状をだそうという方が多いようです。

その年賀状を、今年は大船渡の「木の香り広がる年賀状」にしてみてはいかがですか?

news_p153749_2.jpg

これは、岩手県大船渡市で作られているものなのですが、宛名面は紙(インクジェット対応)。

そして裏面は本物の「松の木」でできているんです。しかも材料には被災松が使われています。


この商品は震災後初となる、大船渡による、大船渡のための復興支援商品。

売上の10%が大船渡市に支援金として寄付されます。

震災後、東北の被災三県を中心に、様々な復興支援商品が登場していますが、大船渡には今までなかったんです。

news_p153749_3.jpg

ところで何故大船渡で「松」なのか。

みなさんの印象として、「松」というと陸前高田が思い浮かべられる方も多いでしょうが、実は大船渡市の木が「松」なんです。

そんな松も2011年3月11日の大津波により、ほとんどが流出。

大船渡市の松は瓦礫と化しました。

「この被災松をつかって何かできないか」「ちゃんと切り出して使えば瓦礫ではなくなるのに」。

そう考えたのは、大船渡市の文房具屋「タケノ文具」の竹野美貴子さん。

news_p153749_4.jpg

ぼんずプロジェクトを立ち上げ、現在企画担当をしています。

※ぼんずプロジェクトのコンセプトは

(1)津波で被災した岩手県大船渡市の被災松を使って紙製品に加工。

(2)大船渡を代表する復興支援商品として全国に販売。

(3)売上の10%を大船渡市に寄付する。

news_p153749_5.jpg

構想から3ヶ月を経て商品化。

2012年9月3日に販売が開始されました。

松の木を紙状にスライスするのは業者にお願いしていますが、貼り付け、印刷、裁断などは、全て自分たちで行なっています。

news_p153749_6.jpg

挿絵は地元の方が描いているんです。


竹野さんは、

「大船渡で産まれ、大船渡に一生を捧げるなら、行動して当然。」

「復興支援商品が今まで無かった事、そして、町がそういう状況では無かったのですが、逆に今、震災の意識が薄れてきているのは事実だから、大船渡の商品を販売することでもう一度目を向けるきっかけになれば。そして、風化させない工夫も私たち被災地から発信しなければ。」

と熱く語ってくれました。これは、竹野さんたち「ぼんずプロジェクト」の挑戦なんだそうです。


現在は名刺、絵葉書、しおりなどが販売されていますが、年末に向けて、「2013年の卓上カレンダー」「年賀状」が販売されています。※期間限定

大船渡市内では6店舗、東京で2店舗で販売中です。

news_p153749_7.jpg
news_p153749_8.jpg

袋から出した瞬間の木の香り。

今年の年賀状はぼんずプロジェクトの「ぼんず年賀」で新年のご挨拶はいかがですか?


   ぼんず お問い合わせ窓口

   TEL 080-3327-5308

   FAX 0192-26-3746

   MAIL bondsofunato311@yahoo.co.jp

   ネットショップ http://bonds-ofunato.shop-pro.jp


   タケノ文具ブログ http://ameblo.jp/myaok-t/



仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中