東国原氏、「都知事選見送り」説 「全て未定」から1歩前進?

印刷

   都知事選や次期衆院選への出馬が取りざたされている東国原英夫・前宮崎県知事の周辺の動きが活発化してきた。東国原氏はいずれの選挙の出馬についても「予定も計画もない」と繰り返しているが、大阪市の橋下徹市長が率いる「日本維新の会」は次期衆院選に東国原氏を擁立する方針だ。東国原氏が都知事選出馬を見送る方針だという報道もあり、橋下氏は「一緒にできるのではあれば、非常に心強い」と期待感を隠さない。

「そうですねー。『しかるべき時』というのが、やっぱり来るでしょうね」

東国原氏は「現段階で都知事選や衆議院選に出る予定も計画も無い」と繰り返している
東国原氏は「現段階で都知事選や衆議院選に出る予定も計画も無い」と繰り返している

   東国原氏は11年の都知事選では石原慎太郎前都知事に次ぐ約169万票を獲得し、仮に出馬した場合は、石原氏が後継指名した猪瀬直樹副知事とともに、有力候補になるとみられている。

   だが、東国原氏は事実上「ダンマリ」を決め込んでおり、11月9日にも、出馬決断の時期について聞かれ、

「まぁー。どうなんでしょうかねー。現時点では都知事選、衆院選に出る予定も計画もありませんが、そうですねー。『しかるべき時』というのが、やっぱり来るでしょうね」

と述べるにとどまっていた。

   だが、11月12日になって、事態は一歩前進したようだ。読売新聞が11月13日朝刊で報じたところによると、維新の会は東国原氏を公認候補として擁立する方針で、

「東国原氏側もすでに維新幹部に対し、都知事選出馬を見送る方針を伝えたという」

と報じている。また、東国原氏は維新側から出馬要請があったことを認めた上で、

「今のところは未定。衆院選と都知事選のどちらも可能性がある」

と述べたという。

   たが、東国原氏は慎重姿勢を続けている。11月13日午前には、ツイッターで読売新聞の女性記者から取材を受けたことを明かした上で、

「色々聞かれたが、こちらの返答は『あらゆる可能性は排除しないが、現段階で都知事選や衆議院選に出る予定も計画も無い』とこれまでと同じ対応をさせて頂いた」
「読売新聞の記事がどうなっていようと、現状はそう言うことであります」

とクギをさした。

橋下氏「一緒にやっていただけるのであれば、これほど心強いことはない」

   維新側は、擁立にかなり前向きなようだ。橋下氏は11月13日朝の囲み取材で、読売新聞の報道について確認を求められ、

「僕は、まだ聞いていません。色々な選択肢で、色々なことを考えているとは聞いていますけれども、これにした、これでいく、ということは何も聞いていません」

と、事実関係について否定も肯定もしなかったものの、東国原氏の発信力の高さや「選挙では目玉になり得る」といった点に話が及ぶと、

「そうですね、一緒にやっていただけるのであれば、これほど心強いことはないけれども、ただ、色んな選択肢も考えられているようですから、僕が今発言することで、そのことに色々影響してもいけませんので、あまり強くは言えないところ。ただ、一緒にできるのではあれば、非常に心強いですね」

と、「心強い」という言葉を2度繰り返し、期待感を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中