「政治は爆発だ!」、官僚政治を「突き破れ!」  石原新党「太陽の党」ネーミングに意見さまざま 

印刷

   石原慎太郎前東京都知事が2012年11月13日、「たちあがれ日本」の衆参国会議員5人とともに新党「太陽の党」を結成した。

   新党名の由来については石原氏の57年前の芥川賞受賞作「太陽の季節」との説が有力だが、大阪万博のシンボル「太陽の塔」や羽田孜元首相らがかつて設立した「太陽党」をも想起させ、ネット上には「これってギャグ」「冗談としては秀逸だけど」いった意見も寄せられた。

「太陽の塔」の元ネタは「太陽の季節」

   石原新党の名称が「太陽の党」にほぼ決定というニュースが流れた11月12日から、ツイッターやネット上の掲示板には新党名をめぐるツイートや書き込みが相次いだ。

   最も多かったのは、1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会のシンボルタワー「太陽の塔」と同音であることから、

「(石原新党は)大阪万博かよ?」「何げに大阪維新の会に気を使ってるな」

   など。

   また太陽の塔は芸術家・岡本太郎氏が製作したことから、

「政治は爆発だ!」「(石原新党は)岡本太郎氏の作品名を使うんだから謝れ」

   といった書き込みも多かった。

   ただ、「岡本太郎に謝れ」という書き込みには誤解がある。一部で有名な話ではあるが、太陽の塔というネーミングの元ネタは実は石原氏の「太陽の季節」なのだ。

   太陽の塔は上半分が大屋根から突き出す形で建てられ、その姿を見たSF作家の小松左京氏は「太陽の季節」の有名なシーンを連想。それを聞いた岡本氏が自らの作品に「太陽の塔」と名づけた逸話があり、ネット上には前述の誤解をただすような書き込みもみられた。

   太陽の党に絡んで次に多かったツイートや書き込みはやはり石原氏の代表作「太陽の季節」に関するもの。

「障子を突き破ったように官僚政治を突き破れということだろうか」

   というコメントも。

   合わせて実弟の裕次郎さん主演のテレビドラマ「太陽にほえろ!」に触れたものもあった。

「太陽の季節、太陽にほえろ!、慎太郎さんの太の字も入っていて『太陽の党』はなかなかうまいネーミング」
「太陽の季節や太陽にほえろ!は有名だから、マーケティング的にも優れたネーミング」

   といった賛成意見も少なくなかった。

橋下市長「石原さんらしい新党名」

   総選挙を前に第3極の結集に向けて、太陽の党が連携を図る日本維新の会の橋下徹・大阪市長は、石原新党のネーミングについて

「(太陽の党は)実に石原さんらしい名前。(石原さんの党だと)すぐ分かる」

   と高く評価した。

   当の石原氏は13日午後5時からの新党結成会見の場で、そっけなく

「『太陽の党』は園田博之幹事長の発案」「別に私の『太陽の季節』からじゃない」

   と語ったものの、太陽の党関係者は「石原氏のイメージに合ったネーミングとなると、『太陽』は欠かせない」と由来を明かす。

   石原氏は会見で「ライジング・サン」という言葉も使い「日本はしたたかになって、強くなって、よみがえらなければ」と訴えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中