ドラッグに武器、殺人容疑…まるでハリウッド映画 ウィルス対策の「天才」マカフィー氏の逃亡人生

印刷

   ウィルス対策ソフトマカフィーの生みの親、ジョン・マカフィー氏(67)が殺人容疑で指名手配された。中米・ベリーズの地元警察が行方を追っている。

   シリコンバレーで名声を誇ったマカフィー容疑者は、会社の経営を退いてからは悪い噂も多く、5月にも逮捕されたという。

   現在は「潜伏中」の身だが、米メディアの取材に応じて無罪と主張し、ハリウッド映画ばりの「逃走劇」を明かしていた。

金融資産1億ドルから400万ドルに

   2012年11月12日(現地時間)、中米・ベリーズの警察のギャング対策部隊は、近所に住む米国人のグレゴリー・フォール氏(52)を射殺した容疑でマカフィー氏を、指名手配した。米ABCはじめ主要メディアが相次いで報じた。

   名前からもわかる通り、世界でもっとも有名なウィルス対策ソフトウェアの生みの親だ。

   イギリスで生まれ、米国バージニア州で育った。大学では数学を専攻、NASAの研究所でプログラマーとして働いた。ウィルス対策ソフトウェアの開発をはじめたのは、ロッキードに勤めていた1980年代で、きっかけは自分のコンピュータがウィルスに感染したことだった。

   1987年に設立した米McAfee Associates(マカフィーアソシエイツ)は、セキュリティ対策のリーディングカンパニーとして成長し、マカフィー氏の個人金融資産は一時1億ドルを超えた。

   1994年に同社の持ち株を売却して退職した後も、さまざまな事業に携わり、順調だった。

   転落の契機となったと見られるのが2008年のリーマンショックだ。金融資産は400万ドルにまで激減、さらに、手がけていた事業の「エアロトレッキング」で死亡事故が発生し、多額の損害賠償を請求された。

   アメリカからベリーズに移住したのは、この賠償金逃れのためとの報道も一部では出ていた。ベリーズはリゾートのほか、タックス・ヘイヴン(租税回避地)としても知られる。

「段ボール箱を頭にかぶり、砂のなかに隠れていた」

   移住後は、現地のドラッグ犯罪組織との関わりもたびたび指摘された。本人もロシアのドラッグ掲示板に200件以上の書き込みをしていて、バスソルト(新型のLSD)中毒だったという話もある。

   2012年5月には、ベリーズ警察のギャング対策部隊が、自宅に強行突入し、銃器不法所持とドラッグ製造で、容疑者と関係者を逮捕したこともあった。

   そして今回もギャング対策部隊から、指名手配が発表された。米メディアWIRED(ワイアード)などの報道では、フォール氏殺害は、容疑者の犬をめぐるトラブルが原因との見方が強い。2人のあいだに争いがあったという現地住民の証言も伝えられた。

   容疑者がサン・ペドロ市の自宅で飼っていた6頭の犬は、フォール氏や近隣住民からよく吠え掛かると苦情が出ていた。市長に対して、正式な訴えもあったという。

   渦中のマカフィー容疑者は現在、行方不明とされている。だが、指名手配後に、ワイアードの電話取材に応じていた。記者に対し、警察が自宅の捜査に入った際には、庭で「呼吸ができるように段ボール箱を頭にかぶり、砂のなかに隠れていた」と明かした。捕まると殺されると思っているため、居場所は4時間おきにかえているそうだ。

   ただ、容疑については「何も知らない」と無罪を主張した。また、「ベリーズ警察は自分を嫌っているため国から追い出そうとしている」と主張、「犬たちは9日夜にすべて毒殺された」「(真犯人はフォール氏を)私と間違えたのではないかと思う」などと話していた。

   ベリーズ警察当局は現在も行方を捜索中だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中