反日暴動後の不買ムード下火に? 中国ネットで日本製の良さ見直す声も

印刷

   尖閣諸島の国有化に端を発する2012年9月の反日暴動から2か月が経ち、やや風向きが変わりつつあるようだ。イオンや平和堂などの日系量販店が略奪の被害にあい、日本車が破壊されるなどした。だが、中国の一部掲示板では、日本製の良さを見直す声も出始めているようだ。

   2012年11月12日にスレッドが立てられたのは、大手検索サイト「百度」の掲示板。

「サムスンは利用者が多すぎるし、iPhoneは高すぎる」

   「悩んだ末に、日本製を買った」というタイトルで、スレッドを立てた人は、

「サムスンは利用者が多すぎて買う気にならないし、iPhone(アイフォーン)は高すぎるし、(中国)国産はCPUが力不足なので、ソニー製を買った」

と説明。消去法の結果、日本製の性能を評価して買ったことを明かした。その上で、

「私は、日本製品を買うことは、愛国心がないのとは等しくないと思う」

とも釈明した。そうすると、スレッド上には、

「私のピアノも日本製」
「ソニー製を買うつもり」

などと同意する声が続出。中には、

「なぜ、こんなに多くの説明をする必要があるのか。自分が使うものに対して、なぜ他人が構う必要があるのか。もし日本製を使うことが罪だというのであれば、私は大悪人だ」
「日本製は良いし、安い」
「私は、日本製の不買運動は支持しない」

といった、日本にかなり好意的なものもあった。

「親日度調査」では8割以上が日本製品を「大好き」「好き」

   このスレッドの内容は「サーチナ」でも報じられ、その内容をもとに2ちゃんねるでもスレッドが立っているのだが、

「今更何言ってんだ?こっちがお断りだ」
「ビタ一文、日本製品を買わなくていいよ」

といった、敵意をむき出しにするコメントが大半で、両国のネット利用者の溝は、まだまだ深いようだ。

   なお、今回の「百度」の書き込みが、中国のネット利用者の意見を代表しているかは明らかではないが、調査会社「アウンコンサルディング」が12年10月26日から11月2日にかけてアジアの10か国・地域を対象に行った「親日度調査」によると、「日本商品・サービスは好きですか?」という問いに対して、中国では28%が「大好き」、54%が「好き」と回答している。質問に「どちらでもない」という選択肢がない点は割り引いて評価する必要があるが、反日暴動後も日本製品が高い評価を受けていることを裏付けている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中