北朝鮮でも「センター争奪戦」? 「モランボン楽団」って何だ

印刷

   北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の指示で結成された女性グループ「牡丹峰(モランボン)楽団」が、北朝鮮国内で人気を呼んでいる。体のラインを強調したおそろいの衣装で、音楽も現代風にアレンジされるなど「異例ずくめ」だからだ。メンバーのプロフィールは明らかになっていないが、「センター」で歌うメンバーは、ここ数か月で交代しているようだ。韓国では「少女時代」に例えて報じられることが多い牡丹峰楽団だが、AKB48のような競争の厳しさも持ち合わせていそうだ。

デビュー公演は「放送時間中には人影が消えたほど」

斬新な衣装が注目を集めている(朝鮮中央テレビより)
斬新な衣装が注目を集めている(朝鮮中央テレビより)

   楽団が2012年7月6日に行ったデビュー公演は、現代風にアレンジされた「アリラン」で開幕。ロッキーのテーマが披露されたり、ミッキーもどきの着ぐるみも登場するなど、指導者の交代にともなう変化を世界に印象付けた。

   在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」が平壌発で報じたところによると、デビュー公演が録画放送された日は、

「いつもなら人々の往来が途切れることのない平壌大劇場周辺でさえ、放送時間中には人影が消えたほど」

だったといい、番組を見た平壌市民は

「この日は早く帰宅し、テレビ画面に釘付けになった。聞くと、職場の同僚たちもほとんどがそうだった」(40代男性)
「若い世代の感覚に合う」(20代女性)

などと興奮した様子だった。

金正恩第1書記は全公演を鑑賞

   朝鮮中央通信などの国営メディアで確認できる限りでは、デビュー公演以外に、7月28日、8月25日、10月10日、10月29日の少なくとも5回公演していることが確認されているが、全公演を金正恩第1書記が鑑賞。デビュー公演では初めて李雪主(リ・ソルジュ)夫人の姿が報じられている。

   メンバーの経歴については不明だが、現地メディアからの写真や映像を見る限りでは、ギターやドラムなど11人のバントメンバーと7人のボーカルの計18人で構成されているようだ。10月10日の公演では、スクリーンに各メンバーの名前が映し出され、ひときわ大きく映し出されたのが、ボーカルのキム・ユギョンさん。キムさんはこの日の公演では舞台中央で歌っており、いわゆる「センターポジション」の重要な役割を担っているようだ。ただし、7月6日の公演の写真では、センターポジションは別の女性だ。この数か月で、熾烈な「センター争い」が行われた可能性もある。

   なお、共同通信が平壌発で報じたところによると、

「『19~26歳』『平壌音大出身者がいるようだ』などと、断片的な情報が口コミで広まっている」

という。

   一見、世代交代による変化を象徴するように見える牡丹峰楽団だが、そのレパートリーは、

「進軍また進軍」「われらの行軍路」

といった軍事色が強いものも多い。

   また、朝鮮中央通信が8月29日に配信した記事では、8月25日の公演を見た市民の声を特集しているが、その内容は

「バックグラウンドに子どもたちと人民、軍人と軍人家族の中にいる敬愛する金正恩元帥の慈愛深い姿が映し出された時とめどなく涙を流した」

と、相変わらずだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中