減税日本が太陽の党と合流

印刷

   「減税日本」代表で名古屋市長の河村たかし氏は2012年11月15日未明、石原慎太郎氏が結成した「太陽の党」に合流する意向を表明した。減税日本の国会議員が太陽の党に入党する見通しだ。

   関係者によると、河村氏は同13日に石原氏と都内で会談し、この場で合流について合意したという。「中央集権打破」などを政策の柱にすえるとみられ、河村氏は15日未明、報道陣に「第3極グループの対等合併だ」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中