本田は「貪欲」、長友は「目立ちたがり屋」 サッカー内田が日本代表をオモシロ分析

印刷

   サッカー日本代表DFで、ドイツ1部リーグのシャルケに所属する内田篤人選手が、代表チームのメンバーを自己流で「分析」した内容が話題を呼んでいる。

   代表で共にプレーし、公私で交流を持つ同士でなければ分からない、各選手の個性や内面が描かれており興味深い。

「長友の凄さを一番理解しているかもしれない」

   内田選手による「チームメート評」が掲載されたのは、サッカー誌「サムライサッカーキング」2012年11月号で、同誌のオンライン版でも紹介された。内田選手から見た代表メンバーの人物像がざっくばらんに書かれており、中には思わず笑ってしまいそうなエピソードもある。

   例えば長友佑都選手は、2008年の北京五輪で初めて一緒に合宿に参加した際の印象として、「ポジショニングとかめちゃくちゃなんですよ」と「秘話」を明かす。だが、そこからイタリアの名門インテルで活躍するようになった長友選手に「どれだけ自分で吸収しようとして頑張ってきたのか」と感嘆する。一方で「長友さんって、けっこう目立ちたがり屋です。たぶん、歓声を受けることに浸っている」と推測してみせた。

   本田圭佑選手の場合、周囲が持つ「王様」イメージとは違って「誰にでも平等ですね。僕らの意見も聞いてくれるし」という。勝利に対して「一番、貪欲です。ああいう人が一人いると、僕らもちょっとサボれないなって感じ」だそうだ。香川真司選手は「日本人のプレースタイルの象徴というか、日本人選手の『生きていく道』」と論じた。

   インターネット上では、ツイッターやネット掲示板で「面白い」と絶賛する声が相次いだ。「真面目。サッカーに対して一直線」と書かれた岡崎慎司選手の評を読んだ人は、「いい意味でのサッカー馬鹿って感じで好感が持てる」。一方長友選手について、面白いエピソードを交えつつそのサッカーに対する姿勢を称えた内容に「ウッチー(内田選手)長友の凄さをもしかしたら一番理解してるかもしれない」と、その分析力に感心した様子の書き込みもあった。

年上の長谷部に「だから彼女できねえんだよ!」

   内田選手が代表デビューしたのは、2008年1月26日のチリ戦だ。2012年6月12日のオーストラリア戦で、24歳77日で国際Aマッチ50試合出場を果たしたが、これは歴代1位の記録となった。年齢は若いが、代表出場歴は長い。加えて甘いルックスで人気抜群、バラエティー番組でもひっぱりだこだ。

   代表メンバーの中でも、吉田麻也選手や長谷部誠選手とは親交が深い。先の「内田分析」では長谷部選手について、「『もう一皮破れよ!』って思うんですよね、遊びに関しては」と冗談めかし、「『だから彼女できねえんだよ!』って(笑)」と言いたい放題だった。もっとも、4歳年上の長谷部選手に対して遠慮のない物言いができていることから、2人の良好な関係や内田選手の人柄が分かる。

   長谷部選手も以前、ブログで内田選手の「知られざる一面」を書いていた。2011年7月22日のブログを見ると、その「横顔」は「とにかく、掴みどころがないやつなんです」。「先輩が飯いくぞって言ってもジャージで来るし。でも、時間はしっかり守るし。でも、オフ中も僕の泊まってたホテルに無理矢理泊まるし……でも、先輩がご飯誘ったら断らないし」と、内田選手の性格の一端や2人の距離感が垣間見られる文章だ。

   また2012年2月2日のタイトルは「内田はやはり内田であった」となっている。「出不精」とされる内田選手が、長谷部選手が拠点とするヴォルフスブルクまで車で片道3時間をかけて遊びに来たという。ところがわざわざ来たのに、長谷部選手の家で1日約14時間寝ていた、起きている間もベッドやソファーから一歩も動かず、漫画を読んだりパソコンをいじったりしていただけと、ピッチ上のはつらつとしたプレーからは想像もつかないマイペースぶりだった様子を「暴露」していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中