ソフトバンク、イー・アクセスへの出資比率引き下げへ

印刷

   総務省は2012年11月28日、ソフトバンクが10月に発表したイー・アクセスの買収について電波監理審議会に報告した。報告書によるとソフトバンクは、イー・アクセスの組織統合は行わず、また完全子会社化後に出資比率を3分の1未満に減らす方向で検討しているという。

   買収を巡っては、国がイー・アクセスに700メガヘルツ帯の新規割り当てを認定してから3か月しかたっていないことから、ソフトバンクに電波が集中するのではとの声が上がっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中