AKB48「恋愛禁止」もはや風前の灯 増田有華さん、ISSAと「浮気報道」で辞退

印刷

   DA PUMPのISSAさん(33)との「お泊まり愛」が週刊誌で報じられたAKB48の増田有華さん(21)が、ブログでAKB48を辞退する意向を示し、受理された。

   AKB48には「恋愛禁止」という鉄の掟があることが知られている。これまでにも現在進行形の恋愛が発覚して辞退していったメンバーは多いが、最近ではスキャンダルの程度が大きくなってきている上、処分されないケースもある。ファンの間からも「もう恋愛禁止なんてやめたら」という声が上がっている。

増田さんの事務所は「先輩後輩の間柄です」

   ISSAさんと増田さんのスキャンダルを報じたのは、2012年11月29日発売の週刊文春だ。

   記事によると、増田さんは11月7日23時頃、ISSAさんが暮らす都内のマンションを訪れた。翌日時間差でマンションから出てきて、ISSAさんの運転する車に2人で乗り込んだという。

   ISSAさんは11年12月に女優・福本幸子さんとの婚約を発表しており、増田さんとの間に何かあれば重大な問題となる。増田さんの所属するoffice48は文春の取材に「共演者とISSAさんの自宅に行ったことはあるが、先輩後輩の間柄です」と答えたが、ISSAさんの所属事務所は「先程、『福本さんとの婚約は解消した』と聞きました」と答えたという。ただし、「増田さんとは交際していません」とも言っている。

   この記事についてISSAさん側は正式なコメントなどは発表していないが、増田さんは11月28日、自身のブログに「記事の中には事実ではないことも書かれていましたが泊まりにいったことは、事実です」「けじめをつける為にも、AKB48を辞退させていただきたいと思っています」と書いた。AKB48の公式ブログでも、11月29日に増田さんの辞退の申し入れを受理したとの発表があった。

在籍中の彼氏発覚で辞退、一方合コン報道ではお咎めなし

   08年に菊地彩香さんの恋愛がファンの間で問題になり、異例の「解雇」をされて以来(現在は菊地あやかとして復帰)、AKB48は「恋愛禁止」を公言し、そのスタンスを貫いてきた。

   11年9月にはチーム4(現在は消滅)の森杏奈さんが在籍中に彼氏がいたとインターネット上で騒ぎになり、立て続けに大場美奈さんの過去の彼氏とのプリクラや未成年飲酒が疑われるブログの書き込みなどが流出。森さんは腰痛を理由に辞退、大場さんはメンバーやファンに迷惑をかけたとして謹慎(12年1月に復帰)した。12年1月には、平嶋夏海さん、米沢瑠美さんがツイッターに異性との交遊の画像を掲載していたことなどが問題になり、活動を辞退した。

   しかし6月には指原莉乃さんが過去にファンの男性と交際していたと報道されたが、HKT48に移籍し現在も活躍中だ。9月には卒業したばかりの前田敦子さんと、大島優子さん、仲川遥香さんが俳優の佐藤健さんらと高級カラオケ店で「合コン」したと報じられたが、運営側は「事前に許可を取った卒業祝いのカラオケパーティー」と説明、大島さんは新チームKのキャプテンに「栄転」している。9月末にはさらに佐藤亜美菜さん、近野莉菜さんと若手俳優との「合コン」も報じられたが、運営側は「友人数人でカラオケに行ったと聞いており合コンではありません」、こちらも表立った処分はされていない。「恋愛禁止」とうたわれているはいいが、処分の基準や内容の詳細はわからないのが現状だ。

   これまでもファンの間では、インターネット上で「恋愛禁止の是非」について度々話し合われてきたが、増田さんの報道をきっかけに議論が再燃。「18もしくは20超えたら恋愛OKにすればいい」「恋愛してたら頑張って無いということでも無いでしょうに」という「廃止論者」と、「ぐぐたすとかブログで彼氏とのいちゃいちゃエピソードとかあげられたりしたら絶対に嫌」「恋愛禁止条例が最大の売りなんだから撤廃したら終わるだろ」「彼氏いるやつにお金落とすバカいると思う?」という「現状維持派」の意見が書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中