三菱重工と日立、火力発電事業を統合 14年1月に新会社設立

印刷

   三菱重工業と日立製作所は、火力発電システム事業を統合する。2012年11月29日に発表した。14年1月1日をめどに新会社を設立する。新会社には三菱重工が65%、日立が35%を出資する予定。火力発電のほか、地熱発電や環境装置、燃料電池などの事業も集約する。今後、統合準備委員会を設立する。

   三菱重工は火力発電で大型ガスタービン発電装置に注力し、東南アジアや中東で強みを持つ。日立は中小型タービンを主力とし、欧州やアフリカ市場に強く、両社は相互補完性が高いとされる。

   両社はグローバル展開を加速させ「相乗・補完効果を最大限引き出し、火力発電システム分野における世界一のリーディングカンパニーを目指す」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中