宮根誠司に視聴者が「黙っとけ!」 専門家の話さえぎり、しゃべりまくり

印刷

   日本テレビ系の情報番組「ミヤネ屋」2012年12月3日放送回で、笹子トンネルの崩落事故について専門家の解説を受けるシーンがあった。

   この中で司会の宮根誠司さん(49)が、専門家の話の途中で質問したり、事実確認のため口をはさんだりという場面がたびたび見られた。ツイッターなどでは、「最後まで話聞いて!」「黙っとけ!」などテレビ画面に突っ込みまくる視聴者の声が目立った。

専門家の話さえぎり質問・確認が30分中6回

   番組では12月2日に発生した山梨県中央自動車道上り線笹子トンネルの崩落事故について、トンネル工学に詳しい大阪大学の谷本親伯名誉教授に話を聞いた。

   谷本教授は大阪市のミヤネ屋収録スタジオではなく、東京・港区の日本テレビタワーから中継で出演した。なぜ天井板が落ちてしまったのか、事故が起こったら一般利用者はどうすればいいのか、今後の課題などを時折フリップを用いながら詳しく説明した。

   谷本教授の出演時間は約30分だったが、その間、宮根さんが教授の話の途中で質問や確認のために口をはさんだ回数は6回だった。教授の話をさえぎり、スタジオの解説委員に話を振る、というのも1度あった。距離が離れているため教授の話が少しスタジオに遅れて聞こえていたということもあり、教授と宮根さんの発言のタイミングが度々かぶってしまっているような印象を受けた。

   さらに教授がまだ説明しているのに、「先生の話を総合しますとね、」とまとめに入ろうとする場面もあった。最後は時間が足りなくなってしまったのか、宮根さんが簡単に「ありがとうございました」と言っただけで教授の出演シーンが終わってしまった。

「中継先と話すの下手すぎ」「宮根無視していいよ」

   放送中、ツイッターには視聴者のこんなツイートが投稿された。

「中継先と話すの下手すぎわろた」
「うるさ。専門家が話してる時は黙って聞いてろよ聞き苦しい」
「ある程度最後まで話聞いてあげて。イライラしちゃう」
「時間が限られるにしても聞きづらい」
「専門家の話もそこそこで見てるこっち疑問ばっかり増えるわ」

   また、2ちゃんねるの番組実況スレッドでも、「話さえぎんなや」「無視していいよ」「ちゃちゃ入れすぎ」など、宮根さんを非難する書き込みが並んだ。世間の関心が高い事故の話題だっただけに、宮根さんが詳しい解説に口をはさむのが余計に気になった人が多かったのかもしれない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中