笹子トンネル事故で観光、物流に打撃 スキーや温泉地抱える山梨、長野は困惑

印刷

   中央自動車道・笹子トンネルの事故により上下線の一部通行止めが続いているため、周辺地域への影響が出始めている。現場となった山梨県や隣の長野県では、これから冬にかけて温泉やスキー客への出足を心配する声がある。

   物流面では、お歳暮シーズンを控えて今後大幅に増えそうだ。業者はう回ルートで何とか対応しているが、復旧まで長引けば影響の拡大が避けられない。

渋滞やう回による時間ロス「予定が立てにくくなる」

   事故発生以降、中央道では上り線が一宮御坂IC~大月JCT、下り線でも大月JCT~勝沼ICで通行止めが続いている。中日本高速道路によると、開通のめどは立っていないという。各種報道では、トンネルの天井板が崩落した上り線は復旧が年明けまでずれこみそうで、下り線も点検作業のため1週間程度はかかるのではと伝えられている。

   年末年始や冬休みと、観光シーズンの「かき入れ時」を迎える地元の山梨県にとっては、通行止めの長期化は頭が痛い。県観光部に取材すると、「甲府方面へ向かう観光客への影響が気になります」と話す。一宮御坂ICからほど近い石和(いさわ)温泉では、予約のキャンセルがあったとも報じられた。山梨では温泉が冬の観光の目玉だけに、「下り線が早く復旧して対面通行が可能になるようなら、少しは(観光客離れを)抑えられるかもしれません」と願う。

   現状では東京方面へ向かう場合、中央道とほぼ並行する国道20号か、一宮御坂ICから国道137号で河口湖方面へいったん南下し、その後国道139号か中央道富士吉田線に乗って大月JCTへ回るしかない。だが国道20号は大幅な渋滞増が予想され、国道137号による「南回り」では時間のロスが大きくなる。県観光部は、「渋滞や、余分な時間がかかるようでは外出の予定がたてにくくなり、観光を敬遠されるのを懸念しています。う回ルートが混雑すれば、ほかの観光地へのアクセスにも支障が出るかもしれません」と心配の種は多い。

   長野県では、12月初めにスキー場が一部オープンして本格的なスキーシーズンが始まった。有名な温泉地も多い。県観光振興課はJ-CASTニュースの取材に、「今のところ大きな影響があったとは聞いていません」とする一方、今後については「早めの道路開通が望ましいのはもちろんですが、心理的に『事故があったトンネルは危ない、通りたくない』といった風評が広がり、訪問者が減ると困ります」と懸念を示した。

国道20号で所要時間15分の場所が41分かかった

   既に影響が出始めているのが、物流面だ。宅配便業者は、ひとまずう回ルートを使って対応しているようだ。中には渋滞やう回にかかる時間を見越して、配送の出発を早める企業もあるという。

   インターネット小売り大手、米アマゾン・ドット・コムの日本法人では、追加料金で注文当日や3日以内に商品が届く「お急ぎ便」というサービスを、山梨県で一時中止したと産経新聞が12月4日に報じている。

   国土交通省・甲府河川国道事務所はウェブサイト上で、う回ルートである国道20号の交通状況が分かるようにライブカメラの画像を閲覧できるようにした。大月IC入口交差点~JR笹子駅入口交差点の所要時間も掲載されており、通常の所要時間が15分のところ、12月5日は下りで朝8時半~9時半は31分、10時~11時は39分、12月4日夜18時~19時は41分かかっていた。時間帯によっては相当渋滞している様子が見て取れる。

   もうひとつのう回となっている国道137号、139号は山道で、今後は積雪による通行止めの可能性も出てくるという。雪の季節が到来しても中央道が開通していないと、国道20号への「一極集中」が起こり、物流や観光に深刻な打撃を与えないとも限らない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中