総選挙2012 関連企画

印刷

2012年12月16日、衆議院総選挙がついに投開票の日を迎えました。J-CASTニュースでは気になるあの政治家の当落など、結果をいち早くお伝えするとともに、緊急特集として「若者はなぜ選挙に行かないのか」を敢行します。識者へのインタビュー、そして選挙当日の「街の声」などを随時更新していく予定です。

【総選挙2012 当日速報】

自民単独過半数 300議席超の勢い 政権交代確実に

東京都知事選 猪瀬直樹氏当選確実

猪瀬直樹・新都知事 「東電の改革進める。東京が全国のモデルに」

藤村官房長官、田中真紀子文科相、仙谷元官房長官… 民主閣僚、大物が小選挙区で相次ぎ敗北

民主党惨敗 バラをつけるボードは、使用されることなく白いまま

「敗北に至った結果責任受け止める」 野田首相、民主党代表辞任を表明

山本太郎氏が落選確実

小沢ガールズが全滅 逆風に加えスキャンダルが響く

自民政権奪還、300議席近くに達する勢い

菅前首相、藤村官房長官、田中真紀子文科相、仙谷元官房長官… 民主閣僚・大物が小選挙区で相次ぎ落選

【特集:若者はなぜ選挙に行かないのか】

投票しない若者、「無関心」と「何も変わらない」に二極化 学生団体 ivote代表・上中彩慧さんに聞く

20代「投票シェア」は10%未満 「世代間格差」埋める「若者目線」政策は必要だ

「何も変わらない」――アンケートから浮かんだ  政治に興味失う若者の「無力感」

「義務だから投票する」どこか醒めている若者たち 投票日、渋谷で聞いてみた

【Net】 連載記事

日本ではまだネット選挙が解禁されていません。 しかしながら、ツイッターやフェイスブックの利用は急拡大しています。 近い将来、ネット利用が大幅に緩和されることは確実です。 新しい選挙運動が広がれば、政治や社会の姿も変わることになりそうです。J -CASTニュースでは2012年12月の総選挙公示前に、海外も含めた様々な動きを、 「Net@総選挙」として11回のシリーズで紹介しました。
また、人気の「1クリック投票」も実施。投票結果をご覧ください。

第1回 「ネット解禁」の法案、また見送り 選挙はどう変わるはずだったか
第2回 公選法に「確信犯」で挑む 「恐れるな」「罪に問われることはない」
第3回 「いま500票差です。逆転させてください」 投票日の夕方、ツイッターで「最後のお願い」
第4回 みんなが違反者? 市民が勝手にツイッター、動画サイトに「街頭演説」や「政見放送」も
第5回 維新が圧倒的に有利、自民追う、民主は出遅れ――選挙戦「ネット利用」を情勢調査
第6回 「党首SNS」は安倍総裁が断然リード 福島瑞穂氏、あわや公選法違反
第7回 ソーシャルの危うい「草の根」 ネット世論踊らすのは誰だ?
第8回 だからオバマが勝った 史上空前のネット選挙、米大統領選の舞台裏
第9回 韓国大統領選はネット全面解禁 「パワー・ツイッタリアン」に注目
第10回 高まるうねり「次こそ解禁だ」 「新ビジネス」も生まれるか
第11回 ネット解禁で若者は投票に行くのか 日本の政治、近未来を探る

【J-CAST 衆院選1クリック】

首相になってほしい「人」は誰ですか?
若者は、なぜ政治に興味がないのだと思いますか?
投開票日の夜、何をして過ごしますか?
衆院選、「投票行かない」理由は?
<第2回>衆院選で投票したい政党はどこですか?
日本を託してみたいのは誰ですか?
<終了>今度の衆院選で投票したい政党はどこですか


インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中